ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

プロバイダを乗り換えるならエキサイトがおすすめな理由

f:id:asiaasia:20170128233543p:plain

BBエキサイト・乗換え申し込みページ

 

フレッツ光を契約するとプロバイダとしてOCNを勧められる事が多い。これはフレッツ光のサービスを提供するNTTとOCNを提供するNTTコミュニケーションズが名前の通りグループ会社だからである。

ただ、「回線事業者」(ここで言うフレッツ光)と「プロバイダ」(ここで言うOCN)は別々の契約になるので、プロバイダだけ乗り換えをすることも出来る。

その際、乗り換え先には「エキサイト」がおすすめである。

 

下記では

▶ プロバイダとしてエキサイトがおすすめ出来る理由

▶ OCNからエキサイトへの乗り換え方法

▶ OCNを解約して発生する料金、返却するもの

以上を中心に詳しく述べていきたいと思う。

 

目次

 

プロバイダを乗り換えるなら、エキサイトがおすすめな理由

プロバイダとしてエキサイト(BB.excite)がおすすめなのは月額料金が業界最安水準だからである。

例えばOCNのプロバイダ料は月額1100円(ファミリータイプ戸建向け)であるのに対し、エキサイトのプロバイダ料は月額500円。しかも、キャンペーンとして半年間は300円という信じられないぐらい安い料金を提供していることもある。

>>> BBエキサイト・乗換えキャンペーン

プロバイダの月々の支払額がわずか300円になる。

 

エキサイトにプロバイダを乗り換えるだけで、月額600~900円(年間最大9000円)も出費を抑える事が出来るのだ。

 

エキサイトがプロバイダの中でも圧倒的に安い理由

エキサイトが安いのは明確な理由がある。それは「インターネット接続サービスのみ」というシンプルで画一的なサービスだけを提供しているからだ。パソコンお助けサポートというものはあるが、月額300円程度となっている。

例えば、OCNならインターネット接続サービスの他に、「マイポケット(オンラインストレージ)」があったり、インターネットセキュリティ対策ソフトが無料で使えたりする。

他にもテレビ電話やら、デジタル新聞やら、ニコニコ動画がプレミアム会員として使えたり、サービスが充実しているのだ。しかし、これらサービスが必要ない人も多いだろう。

 

f:id:asiaasia:20170128190233p:plain

大量に用意されているオプションサービス(www.ntt.comより)

 

エキサイトは純粋に「インターネット接続サービスのみ」だけだ。これにより、運営コストを抑え、消費者から見て低価格を実現してくれている。

 

プロバイダはインターネットに接続して、インターネットを見れるようにしてくれる会社である。無駄のないプロバイダが安いのは当然かも知れない。

 

OCNからエキサイトへの乗り換え方法

まず、エキサイトに乗り換えるための手続きを簡単に説明すると

1.エキサイトに乗り換えの申し込みをする。

2.発行されたIDでインターネットに接続する

3.OCNを解約する。

下記で詳しく述べていきたいと思う。

 

エキサイトに乗り換えの申し込み

まずエキサイトに乗り換えの申し込みをする。申し込みはエキサイトのWEBからすることができる。

>>> エキサイトへの乗り換え申し込みページ

必要事項を記入し、プロバイダ契約を申し込むと、すぐにエキサイトから接続IDが送られてくる。接続IDが送られてきたら、ひとまずエキサイトでの手続きは完了。次は送られた接続IDを使って、パソコンの設定をする。

 

エキサイトから発行されたIDでインターネットに接続する。

インターネットの設定は誰もが行ったことがあるだろう。発行された接続IDとパスワードを入力するだけだ。両方ともエキサイトに申し込みしたときに、メールで送られてくるので、それらを入力するだけで設定は完了する。

 

特に難しい作業ではないが、両親の契約しているインターネット料金を下げるために、乗り換えを行う人もいるだろう。両親がこういった機械に強くない場合は「パソコンお助けサポート」を利用しても良いかもしれない。パソコンお助けサポートは、月額300円であらゆるトラブルを何度でも解決してくれるサービスである。

電話でオペレーターに教えてもらうことも可能だし、リモートコントロールで操作してもらう事も出来る。初期設定さえ出来れば、インターネットを利用できる状態にするのも難しくはない。高額なサポートというわけでもないし、このぐらいは付けても良いだろう。

 

OCN(元のプロバイダ)を解約する

エキサイトに乗り換えの申し込みをし、発行されたIDでインターネットに接続すれば乗り換え自体の手続きは終わりである。しかし、これではまだOCNのプロバイダ契約が残っているため、プロバイダ料金が2重に発生してしまう。そのため、OCNに連絡して、プロバイダを解約しよう。

解約はWEBもしくは電話で受け付けている。解約の際には、OCNから発行されているお客様番号(Nから始まる番号)が必要になるので、予め用意しておこう。

ちなみに、月の途中で解約しても、1ヶ月分取られるのが普通だ。プロバイダ料金を2重で払いたくなければ月末まで解約するようにしよう。

 

OCNを解約して発生する料金、返却するもの

OCNを解約するとき、条件によっては違約金が発生する。例えば、2年契約をしている場合、違約金として5000円取られる。それでも1年で最大9000円お得になるので、エキサイトへの解約なら早めにしておくべきだろう。

 

またプロバイダの乗り換えだけならモデムもしくは光回線終端装置(ONU)の返却は必要はない。

f:id:asiaasia:20160104083904j:plain

光回線終端装置(ONU)。光回線の場合はモデムを必要とせず、モデムに相当するものとして光回線終端装置(ONU)が必要となる。モデムと機能は大体同じで、光信号と電気信号間の変換を行う。

 

これらを返却する必要があるのは、回線業者を変更した場合であり、プロバイダの乗り換えのみ場合は返却不要となる。契約した回線事業者(NTT・au・ソフトバンクなど)から借りたモデムもしくは光回線終端装置(ONU)をそのまま使うことができる。

 

エキサイトへのプロバイダ乗り換えまとめ

プロバイダで特有のサービスの利用が無ければ、格安プロバイダ「エキサイト」への乗り換えを早い段階で検討すべきかと思う。

他のプロバイダに比べ、知名度が高くないことから、利用者数はそこまで多くない。ただ、格安料金でも問題なくインターネットは使えるし、サポートも充実している。


プロバイダの乗り換えは、発行された接続IDとパスワードを入力するだけで完了する簡単な作業だ。一度設定しておけば、その後のインターネット料金をずっと安くする事が出来る。 

 

キャンペーンとして半年間は300円という信じられないぐらい安い料金を設定している。下記から簡単に乗り換えの申し込みは出来るので、興味のある人はチェックしておいた方が良いだろう。

>>> BBエキサイト・乗換えキャンペーン

 

乗り換えにより、高額なキャッシュバックを期待するなら回線事業者(NTT・au・ソフトバンクなど)ごと乗り換えるのがおすすめである。

ちょっとした作業でかなりの額のキャッシュバックも受ける事が出来るので、長期間同じ回線事業者を使っている場合は乗り換えしなければ損だと思う。

詳しくは下記記事を参考に。

 

スポンサーリンク