ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

お金持ちになる方法を知らないと、人生が豊かにならない理由

f:id:asiaasia:20160526183732j:plain

savemoney.my

 

問題です。

 

あなたは25歳の若者で月収25万円を稼ぐ平均的なサラリーマンです。貯金は180万円持っているとします。下記のうち、最もお金持ち(億万長者)になる方法として現実的なものはどれでしょうか?

 

1.投資(株式、FX)をする

2.宝くじを買う

3.会社(事業)を起こす

 

先日カフェで作業をしている時に隣の若者がどうすればお金持ちになれるかについて議論をしていた。その時彼らの出した答えは

2.宝くじを買う

だった。

 

日本の若者はお金持ちになるという事について教えられてこなかったし、考える機会は間違いなく少ない。

確率論で言っても、歴史上大金持ちになった人を見ても、上記3つのうち最もお金持ちになる方法として現実的なものは「3.会社(事業)を起こす」である。逆に、可能性として最も低いのは彼らが導き出した答え「2.宝くじを買う」である。

 

小学生の多くは宝くじが金持ちになる方法として、最も確率が高いものだと考えている。大学生ぐらいになれば、流石に宝くじが最もお金持ちになる方法として現実的だと思う人は減るだろう。代わりに、億万長者になった人の多くは投資で成功した人だと考えるようになるはずだ。ここで言う投資とは、事業を起こすといった意味を含む投資ではなく、株式投資やFXといった狭い意味での投資である。

ただ、投資の分野では、年数%の利益を10年間上げる事は出来ても、数十%、ましてや数百%の額を10年平均で上げる事は、機関投資家と呼ばれるプロの集団がいる組織でさえも難しい。平均的なサラリーマンが貯金を全額使って一億円まで増やすというのはほぼ不可能に近い。テレビなどではこうした人達も何人か出ているが、確率的に言えば0.01%以下だろう。

 

確かに、お金持ちの多くは投資による収入で生活している。しかし、そういったお金持ちというのは、年に数%の利率でも十分に暮らしていけるだけの莫大な資産を「既に」持っている人達である。運用資金として10億円持っている人が3千万円を稼ぐことはそこまで難しいことではないのは誰もが想像出来るだろう。

彼らや彼らの先祖が別の方法でお金持ちになり、投資の分野でも十分が額を稼ぐことが出来るようになっているのだ。

 

目次

 

お金持ちになる方法

土地の値段が上がっている発展途上国では不動産投資もお金持ちになる方法としては魅力的かと思う。中国などでは政府の一声で都市開発が進むため、たまたまその土地の権利を持っていた人(中国では土地を所有する事は出来ず使用権のみ)が一気に億万長者になる現象はよく見られた。ただ、日本のように先進国となれば、不動産投資によってお金持ちになるというのは考えにくい。平均的な資産しか持たない若者であれば尚更である。

従って、欧米と同様に、日本では事業を起こす事が最もお金持ちになる現実的な手段となる。欧米の若者の多くはこれをわかっているし、発展途上国でも多少のお金が出来たら事業を始める事を考えている。

 

日本のように失業率が低く雇用がある程度保証されている国では、リスクも少なく簡単な手続きで済む投資や宝くじがお金持ちになる方法として魅力的なのはわかる。ただ本気でお金持ちになりたければ事業を起こすべきだ。投資や宝くじに甘い期待を抱く事を否定するわけではないが、グローバルな視点で見ればこれがより一般的な考えである。

 

会社として利益を出し、ある程度成長させればそれだけで大きな資産となる。会社の一部、もしくは全てを売却すればそれだけで一生暮らせるだけのキャッシュを得ることが出来る場合もあるだろう。

 

会社(事業)を起こして金持ちになる

具体的にどんな事業をすれば良いかは他人から教わる事は出来ないだろう。ただ、

▶ 市場が成長している分野・国

▶ 差別化出来るかどうか

以上の2つは最低限ポイントとして抑えておいても良いかと思う。

市場が成長していない分野や国では既存の勢力から顧客を奪わないかぎり入り込む余地はない。競争がより激しく、より労力が必要である事は間違いない。ただ、既存の商品やサービスに対して差別化出来る部分があればそれで勝負する事は出来る。

 

市場やニーズ、自身のポテンシャルなど複合的な要素から、自分の出来る範囲で最も適切なビジネスを選択すれば良いかと思う。

 

金持ちになれば幸せになれるのか?

f:id:asiaasia:20160526184511j:plain

'Rich Kids Of Instagram' TV Show

 

会社や事業の売却は日本ではそこまで活発ではないが、欧米では数百万、数千万円レベルの比較的少額なものから売買されている。会社の売却で数年間遊んで暮らし、お金が無くなったら再びビジネスを始めるといったライフスタイルを送る人もいる。タイにいる欧米人でもそういった形で小金を稼ぎ、のんびり暮らしている人がいる。欧米は日本よりも生活や人生の選択肢が多いだろう。 

選択肢が多ければ幸せになれるわけではない。しかし、お金を手に入れる手段が広ければ人生の選択肢は広がる。

 

日本ではサラリーマンを続けた方が平均的な幸せを得ることが出来るのは間違いない。ただ、サラリーマンをしながら事業を起こす事も出来るし、正規雇用のキャリアから外れた人はリスクを取らなければ一生平均以下のままである。

 

お金持ちになる事で幸せになれるとは限らないが、お金持ちになる方法を知れば人生がより豊かになるのは間違いないのではないだろうか?

この理由だけでも、リスクを取ってお金持ちになることを人生の目標にするのは悪く無いと、個人的には思うのである。

 

金持ちになる方法については下記記事も参考に。

 

スポンサーリンク