ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

光回線におけるフレッツ光(NTT)からソフトバンク光への乗り換え手続きについて詳しく説明していく

ソフトバンク光月額料金

www.softbank.jp

 

フレッツ光(NTT)の光回線からソフトバンク光へと住所そのままで乗り換える場合、工事も不要で電話一本で乗り換えが可能である。しかも、月々の料金が下がる(プロバイダ料込で月3800円~)上、キャッシュバックを受ける事も出来る。

ソフトバンク携帯とセットにすることによる割引もあるし、乗り換え手続きもそこまで面倒ではない。

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えはすべての人が検討すべき事かと思う。

 

下記では

▶ フレッツ光(NTT)からソフトバンク光への乗り換え手続き

をプロバイダ料金込で月々の費用を4000円以下に抑える事が出来るのに加え、1万円のキャッシュバックを受ける事が出来る正規販売店サイトとともに紹介し、

▶ ひかり電話からソフトバンク光の電話サービスへの変更する際の注意点

もひかり電話利用者がソフトバンク光への乗り換えるなら知っておくべきだろう。

 

加えて最後には

▶ 長い間同じ回線事業者、プロバイダを使っている場合、住居を引っ越す場合、光回線は乗り換えるべきかどうか

についても詳しく説明していきたいと思う。

 

費用を抑えながら、キャッシュバックを受ける事が出来るので、基本的に乗り換えなければ損だ。キャッシュバックについての詳しい説明は下記ページを参考に。

>>> ソフトバンク光への乗り換えで最大のキャッシュバックを受けることが可能な正規販売店サイト

 

目次

 

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換え

インターネットの乗り換え

cbltelecom.ca

 

インターネットはADSL回線と光回線が主流である。現在は光回線の値段も安くなっているので、速度や安定性を重視して光回線を選ぶ人が多いだろう。

ADSLから光回線に乗り換える場合、工事が必要になる。加えて、光回線を通していても回線事業者を変える場合も、工事が必要になる事が多い。ただ、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えなら、配線をそのまま使用する事が出来るため工事が不要である。なぜなら、ソフトバンク光はNTTの光回線を使っているからだ。

 

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換え手続きついて

フレッツ光」から「ソフトバンク光」への乗り換えは

1.NTT東もしくは西に連絡して転用承諾番号を用意

2.ソフトバンク光に申し込み(この際転用承諾番号を伝える)

3.プロバイダの解約(Yahoo!BB以外の場合)

この3ステップだけで完了する。

 

ソフトバンク光への乗り換え手続き

ソフトバンク光の正規販売店サイトより

 

フレッツ光は転用番号を取得して、ソフトバンク光に申し込むだけで、自動的に解約する事が出来る。プロバイダで「Yahoo!BB」を利用している場合、プロバイダの解約手続きも不要である。

ただ、Yahoo!BB以外のプロバイダを利用していた場合、解約は別途しなければならない。

プロバイダの多くはネット上で解約手続きが出来る。nifty、So-net、BIGLOBEなど、契約しているプロバイダのホームページから「ユーザーネーム」、「パスワード」を入力し、ログインすれば電話不要で24時間、簡単に解約の手続きが出来る。

 

また、

「フレッツ光ネクスト」以外のフレッツ光を利用している

なら別途工事が必要となる。

 

上記にあてはまらない場合でフレッツ光からの乗り換えならば工事を必要としない。従って、基本的に電話一本でSoftBank光へ乗り換えをする事が出来る。

月々の基本料金も安くなるので、フレッツ光を利用している人はソフトバンク光への乗り換えも積極的に検討すべきだろう。

 

ソフトバンク光への乗り換え正規販売店サイト

ソフトバンク光への乗り換え正規販売店サイト

以上のように、単にフレッツ光からソフトバンク光へ乗り換える場合は工事なども必要がなく、手続き上も簡単である。

フレッツ光からソフトバンク光へ正規販売店サイトを通して乗り換えると

プロバイダ料金込で月々の費用を4000円以下に抑える事が出来る。
1万円のキャッシュバックを受ける事が出来る。

といった費用を抑えながら、キャッシュバックを受ける事が出来る。 

 

また、通常インターネットを契約更新月以外で解約すると、違約金を払わなければならない。加えて、工事費用を分割払いしているのが普通なので、解約時に残りの費用を一括請求される場合もある。つまり、更新月でなく、工事費用の分割払いが終わっていなければ、違約金と残りの工事費用を支払う必要性が出てくるのだ。

しかし、こうした費用を含めても、月額料金は下がるし、キャッシュバックを受ける事も出来るので総合的にお得になる。また、ソフトバンク光への乗り換えなら、違約金等を最大10万円まで負担してくれる正規販売店サイトもある。

>>> ソフトバンク光のお得な正規販売店サイト

 

2年縛りでインターネットを契約している人も多いので、解約時こういった違約金が発生する人も多い。キャッシュバックと違約金の額は代理店の担当者にきちんと確認し、お得であることを確認してから乗り換えを決めれば良いだろう。

少しでも得をしたいなら、正規販売店を利用し、ソフトバンクへ乗り換えるのが正解だとわかるはずだ。

 

ソフトバンク光だけでなく、携帯や電気等他のサービスもソフトバンクへの乗り換えを検討している人は損しないために下記記事も必読である。

 

ひかり電話からソフトバンク光の電話サービスへの変更する際の注意点

ひかり電話とは?

ひかり電話とはフレッツ光を利用している人が合わせて利用出来る固定電話サービスである。電話番号をそのまま使用でき、緊急通報(110番、119番等)の利用も可能となっている。

 

NTTの加入電話(アナログ 回線)、いわゆる固定電話を利用すると、通常は月1700円(税抜)の基本料金がかかる。しかし、光回線と一緒に申し込みが出来るひかり電話を利用すればこの基本料金を3分の1以下の500円に抑える事も出来る。

フレッツ光のひかり電話

flets.comより

 

固定電話を利用している人は毎月の料金負担額が減る。電話代を節約したいなら、こういった光回線と合わせて利用できるひかり電話サービスへの申し込みは必須と言えるだろう。

 

ホワイト光電話とは?

ホワイト光電話はソフトバンク光もしくはフレッツ光と合わせて利用出来る固定電話サービスである。サービス内容としてはフレッツ光の提供するひかり電話とも特に違いはない。

料金プランはホワイト光電話の場合、3プランが用意されており、一番安い基本プランで月額467円、最大3時間の無料通話が付いた基本プラン+αで943円、誰とでも定額プランは1410円で1回10分、月500回までの国内通話が無料のプランも付いている。

ホワイト光電話

www.softbank.jpより

 

ソフトバンク光の電話サービスへ切り替える際の注意点

現在利用中の電話サービスの解約手続きについて

現在利用中の他社電話サービスは MNP(ナンバーポータビリティ)制度を用いて「ホワイト光電話」に切り替えると自動解約される。

NTT東日本/NTT西日本が提供する「ひかり電話」からナンバーポータビリティを用いてホワイト光電話に申し込むと、NTT東日本/NTT西日本よりフレッツ光解約案内レターが届く。しかし、フレッツ光の解約手続きを進めてはならない。もし、解約してしまうと、MNP(ナンバーポータビリティ)制度を用いたひかり電話への移行ができなくなってしまうからだ。

また、NTT加入電話契約時に発番された番号でのみ、ソフトバンク光電話サービスへのMNP制度を利用した移行が可能となっている。フレッツ光のひかり電話を契約した際に新しく番号を取得した場合などはMNP制度を利用できず、番号は変えなければならない。

 

電話(N)

NTTのフレッツ光で「ひかり電話」を契約している場合は、ソフトバンク光に変えると「光電話(N)」に引き継がれる。

光電話(N)はソフトバンク光とあわせて利用可能な、光ファイバーを使った固定電話サービスである。

ソフトバンク光の光電話(N)


「光電話(N)」は「ホワイト光電話」とは別のソフトバンク光が提供するサービスとなっている。ホワイト光電話にしたい場合は別途申し込みが必要である。

 

ちなみに、ソフトバンク光の光電話を利用している人が一度解約をすると、同一市内で引っ越す場合も電話番号が変わってしまう。従って、同一市内で引っ越す場合で、かつ電話番号を変えたくないなら、ソフトバンク光は解約しない方が良いだろう。

 

光回線終端装置(ONU)等への配線パターン

また、ソフトバンク光の電話サービスに変更すると光回線終端装置(ONU)等への配線パターンも変わる。利用するサービスごとに異なるので、配線パターンについて詳しく知りたい人は下記判別チャートを参考に。

 

光回線の乗り換えにおいて、住居を引っ越す場合どうすべきか?

光回線の引っ越し

 

光回線は

▶ 長い間同じ回線事業者、プロバイダを使っている

▶ 住所が変わる引っ越しをする

以上の場合、基本的に乗り換えた方が良い。

>>> ソフトバンク光への乗り換えで最大のキャッシュバックを受けることが可能な正規販売店サイト

 

フレッツ光に限らず同じ回線事業者、プロバイダを長い間使っている場合は違約金が無い、もしくは少ないので、キャッシュバック額の方が大きくなる。要は、光回線を乗り換えれば現金がプラスになるのだ。

詳しくは下記記事を参考に。

 

住所が変わる引っ越しの場合は新居での工事が必要になる。契約を継続させれば、工事費用がかかってしまうのだ。

従って、住所が変わる引っ越しの場合も一度インターネットは解約した方が良いだろう。新規契約なら工事費用は初期に負担する必要も無くなるし、キャンペーンという形でキャッシュバックを受ける事も出来る。

 

住所が変わる引っ越しをする人は下記記事も必読である。