ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

節約で貯金をする方法。出費を抑えるために必要な事と考え方を教えよう。

Money Talks, Mine Keeps Saying Good-bye unknownwww.flickr.com

 

目次

節約をして貯金する方法

貯金する方法については、

上記記事でも詳しく述べたが、これは節約をしなくても貯金する事が可能な方法である。

この方法を導入した場合、貯金出来る額は消費量によって大きく違いが出るだろう。それでも、現在プラスマイナスゼロという人が上記手段を用いれば、少なくとも月数万円の貯金は可能となる。

 

しかし、更なる貯金を考えると、やはり消費を抑える「節約」をしなければならない。そこで今回は貯金をするために出費をいかに減らすかという点について詳しく述べていきたいと思う。消費を抑える必要がない前回の方法とも併用可能であり、2つの方法を組み合わせせればさらに貯金額を増やす事が可能だ。  

 

貯金のコツは?

知っての通り、稼ぎが良い人でも貯金が全くない人もいるし、逆に稼ぎが少なくても貯金している人はいる。貯金がある人と無い人を見た時、それが単純に収入の差ではない事はほとんどの人は知っているだろう。

この違いが生まれる原因を考えた場合、浪費家という表面上の言葉で終わらせるのではなくて、もう少し深く原因を掘り下げてみる。そうすると、やはり見栄を張る事と浪費は切り離す事が出来ないと結論付ける事が出来るだろう。

見栄で支出を抑えることが出来ないのなら、最低限見えない部分での努力はしなければならない。

 

何も節約のために実家暮らしを始めろとか、趣味であるタイ旅行へ行くなとかそういう事を言うつもりはない。現状必須なものは維持しつつ、レベルを収入相当に落とす必要があるのだ。普段の生活のあらゆるポイントでこうした節約しなければならない点が出てくるが、まずは毎月必ず出費する部分を抑える必要性から述べていきたいと思う。  

 

毎月の固定費を抑える

家賃

f:id:asiaasia:20150324080926j:plain

 

まず、自分が理解出来ないのは、貯金をしたいと言いつつ、収入に見合っていない家に住んでいるという点だ。家賃は収入の3分の1が目安とされているが、給料の2分の1以上の金額を家賃に払っている人も結構いる。

ちなみに自分は3分の1も払った事はない。収入がそれなりにあったサラリーマン時代でも4分の1以下、今に限れば前月比で50分の1以下である。

 

正直東京と東京近郊の都市でなければ月2万円で風呂トイレ付きのアパートはいくらでもある。以前のニュースでも以下の様な記事があった。

いまや主要な大都市の多くで、ワンルームの最安家賃が1万円台に突入する異常事態が起きている。1万円台物件の件数をみてみると、札幌市194件、福岡市75件、広島市44件、名古屋市23件、東京都下3件と続く。

 

意外にも1万円台物件が最も多くヒットしたのは大阪市で、なんと24区計599件。木造のぼろアパートをイメージするかもしれないが、これらはすべて「マンション/駅徒歩15以内/10平方メートル以上」の条件で出てきたものである。
http://news.livedoor.com/article/detail/9093304/

自分も日本滞在時に住んでいる家は大阪府内にある。地方に行けば築10年以内で家賃月2万円なんていくらでもある。本気で貯金を考えている男性なら、家賃は月2万円を基準とすべきだろう。

 

無職だったりフリーター、アフィリエイターで保証会社の審査が心配という人は条件をリクエストしてそれにあった物件を提示してくれる下記のようなサービスを利用すると良い。

▶ 大阪府内 

▶ 家賃2万円以下 

▶ 無職でも借りれる 

▶ 保証人不要 

など条件を指定し問い合わせるだけで、公開されていない物件も紹介してもらえる便利なサービスである。

 

繰り返しになるが、東京と東京近郊の都市でなく、本気で貯金を考えている一人暮らしの男性は家賃月2万円を基準に物件を探すべきである。女性の場合や地域や隣人を考えての選択になるとは思うが、そういう場合は実家だったり今よりももう少し安い物件も検討してみよう。

 

国民健康保険料

節約家が引っ越しの際に検討すべき事項として、国民健康保険料(税)率というものもある。これはフリーターや自営業者は引っ越す前に念頭に入れなければならない事項である。

収入額や家族構成によって、計算は異なるので一概には言えないが、場合によっては市町村での違いで支払額が数十万円違うこともざらにある。

 

少し古いランキングになるが、毎日新聞で国民健康保険料が高額な市町村ランキングというものがあり、これがひとつの目安になると思う。

国保保険料が高額な市町村ランキング

 

1 寝屋川市 (大阪)  504,030
2 喜茂別町 (北海道) 502,500
3 矢部村  (福岡)  490,800
4 風間浦村 (青森)  483,860
5 別府市  (大分)  483,400
6 守口市  (大阪)  482,010
7 福島町  (北海道) 479,100
8 宮古島市 (沖縄)  478,300
9 栗山町  (北海道) 469,700
10 湯浅町  (和歌山) 466,400

 

保険料が高額な市町村 mainichi.jp/select/wadai/news/20090621ddm010010014000c.html

 

国保保険料が低額な市町村ランキング

 

1 青ケ島村(東京)  139,900

2 下条村 (長野)  178,975

3 三宅村 (東京)  186,500

4 根羽村 (長野)  187,300

5 御蔵島村(東京)  188,442

6 檜原村 (東京)  193,600

7 檜枝岐村(福島)  194,900

8 新島村 (東京)  195,400

9 国立市 (東京)  200,100

10 美里町 (埼玉)  201,440

 

保険料が低額な市町村 mainichi.jp/select/wadai/news/20090621ddm010010014000c.html

上記のランキングはリンク先のURLが切れているため、どのぐらいの年収を基準にしているかわからない。ただ、大体年収500万円ぐらいかと予想できる。

13万9900~50万4030円までと、市町村によって一番差があるところでは35万円以上の差が付いている。自分は引っ越してから気がついたのだが、大阪は全国的にも高い。

 

年24万円安くなると考えると、月2万円の節約ができる決して馬鹿にならない額である。引っ越す前に引越し先の市町村ではいくらになるか予め伺い、収入額や家族構成等で計算し比較すると良いだろう。

 

携帯料金

携帯に関しては、ほとんどの人が月5000円以上の節約が可能である。大手キャリアから通信回線を借りて、自社ブランドでサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)が認められた事により、携帯の利用料金は大幅に抑えることが出来るようになった。

いくつかオススメのMVNOがあるが、自分のおすすめはこのMVNOである。実際に評判も良いし、ドコモのLTE回線を使うためネットも非常に速く、今の090、080の携帯番号そのままに移行できる。

 

自分はこのキャリアにしてから携帯代を月1500円程度にまで落とすことが出来るようになった。 

f:id:asiaasia:20150326204104j:plain

(プランごとに月々の基本料金が簡単にチェック出来る。)

 

本携帯とは別のタブレット用としても使えるし、携帯料金を見直し、支出を抑えたいと考えている人はMVNOへの移行を検討すべきだろう。

 

インターネットFAX

自営業者の場合FAXが必須で電話回線を通す人も多いと思うが、自分の場合はインターネットFAXを利用している。FAX内容をPDFに変換しメールで内容を見ることが出来非常に便利だ。インターネットFAX業者にもよるが、月額も1000円以下で、送信も1枚13円~という格安のプランもある。

電話回線を引かずにFAXだけは使いたいという人は是非検討してみてほしい。

>>> インターネットFAX  

 

節約生活をおくる上での考え方

結局貯金というのは、個人の収入や消費が大きく影響するため、収入支出が変わらなければ状況は変わらない。そこで必要になるのが考え方の変化である。

ただ、貯金のために好きな事を止めなくとも、十分貯金は可能だ。自分が提案したいのも極端な考えの変更ではない。

タイ旅行は我慢する必要はない。ただし、直通便で渡航していた人は経由便を使って安く移動したり、現地でのタクシーをなるべく使わないようにする事等は必要になる。日本円で考えると、このぐらいの出費は大したこと無いと考えがちになるが、その辺の思考から変えていく事が必要だ。移動費が安くなることにより、確かにかかる時間は増えるが、それを浪費するだけの無駄な時間と見るか有益な時間とするかはその人次第である。

 

自分は移動時間にインプットやアウトプットを行う事が多い。そのため飛行機での移動が長くなればそれを作業時間とするだけで、無駄な時間にはなるべくしないようにする。時間が余分にかかる場合、その時間を何に充てるか予め決めて置くのである。

 

節約する事によって生じた時間をただの徒労と見るか有益なものにするかは、ちょっとした考え方の変更で自分の中で納得させることが出来るのだ。

 

貯金方法まとめ

f:id:asiaasia:20150326003203j:plain

(親の手伝いをするタイの子供)

 

今回は毎月の出費となる固定費を抑える方法や考え方を紹介をした。賢い貯金方法はいろいろあれど、お金を貯めるポイントは収入と支出の管理、見栄との自分自身の戦いになる。

本気で節約すれば月10万円での生活も可能な日本においては、結局これにかかっていると言えるだろう。

 

スポンサーリンク