節税

節税

経営セーフティ共済で生じるメリットとデメリットの解消方法を紹介します

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は国の機関である独立行政法人・中小機構が運営する制度である。掛金は毎月5000円から20万円までの範囲で選べ、総額800万円まで掛けれる。掛金は全額経費にできる。したがって、税金や社会保険料の減額が...
節税

会社員は小規模企業共済と経営セーフティ共済へ入れるのか?

結論から言うと、会社員は経営セーフティ共済、小規模企業共済いずれにも加入できる。経営セーフティ共済は「会社員として行う仕事との関係性が無い」ことが条件なので、加入も難しくない。ただし、小規模企業共済は会社員になってからは加入できない...
節税

月5万生活で楽しみながら生きられるのか?

  月5万円の生活を送ろうとする場合、まず家賃と食費の点でかなりの制限が生まれる。1人暮らしなら東京に住むのはほぼ不可能である。 家賃はもちろん、家賃以外の固定費も数千円レベルで抑えなければならない。食費も多くて2万円だろう。この点で多く...
節税

税金控除において現金化のしやすさや賢い利用方法を紹介する

会社員を含め、多くの人が払うべき税金を減らす方法として 1.経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済) 2.小規模事業共済 3.生命保険 4.ふるさと納税 5.確定拠出年金(iDeCo)、国民年金基金、付加保険料 がある...
節税

月10万円で楽しく生きるための生活術について、費用を含めて詳しく紹介していく

  「月10万円の収入があり固定費、食費を抑えれば2ヶ月に1回海外旅行にも行ける。」   もちろん、全ての人がこうしたコストを抑えた生活が可能だとは思わない。それでも難易度に関してはそこまで高くないかと思う。多くの人にとって実現可能なライ...
節税

日本の税金が課せられない海外移住の条件について説明する

住所を置いている市町村役所にて「海外へ引っ越すので住民票を抜きたい」と言えば「海外転出届」を出すように言われる。この海外転出届を出して実際に海外に住めば住民税や保険料、年金の支払いは比較的容易に免れることができる。 また、ビザなどを取...
ふるさと納税

ふるさと納税の限度額計算方法を紹介する

  ふるさと納税は2000円を自己負担するだけで、返礼品を貰うことができ、寄附金の額だけ住民税や所得税が控除される制度である。寄付金の「限度額」は収入に応じて変わる。支払う住民税が多い人ほど得をする制度だ。従って、納税額の多い人ほど、この...
節税

副業で急に収入が増えたサラリーマン向けの節税を教えたいと思う

節税を考えるようになったサラリーマンの多くは急に副収入が増えた人かと思う。もし、その副業による収入が短期期間であるなら、その年度中、キャッシュを残さないのがもっとも節税に繋がる。節税としては各種控除を利用したり、経費として計上したりする方法...
仮想通貨

仮想通貨で払うべき税金を減らしたい人が知っておくべきこと

  事業を行っている人なら、経費という名の投資をすることで利益を減らし、払うべき税金も減らすことが出来る。仮想通貨で利益が生じた場合も、仮想通貨取引が事業として行われていると認められれれば、事業の経費に使うことで、支払うべき税金の額を減ら...
節税

税金対策を考える個人が知っておくべき節税をまるごと述べる

  一度税金の支払いを行ったことのある人なら、その額を減らしたいと思う人も多いはずだ。 税金は稼げば稼ぐほど、キャッシュ(現金)として残そうと思えば思うほど増えていく。つまり、稼ぐ額を増やしても、「キャッシュとして残さないこと」で税金を減...
タイトルとURLをコピーしました