ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

貯まった小銭を銀行口座へ入金するのにおすすめの方法

小銭両替のコスト

 

日本は他国に比べても小銭の幅が広い。1円、5円、10円、50円、100円、500円と海外では札になっている額もコインで流通している。

こうした小銭は財布を持たない生活をする上で邪魔になる。

また、小銭を貯金箱等に貯めている人はいるだろう。こうした人は貯金箱に貯まった小銭を定期的に銀行口座へ入れたり、紙幣への両替を望んでいるはずだ。ただ、小銭を銀行口座に入れるにも、紙幣への両替を行うにしても、手数料を取られたり、面倒な手間が生じてしまう。

少しずつでも良いので、小銭を出さない生活へと移行すべきだ。

 

この記事では

▶ 貯まった小銭を銀行口座へ入金するのにおすすめの方法

▶ 外貨の小銭を両替する方法 

から

▶ 小銭を残さない生活へ移行する方法

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

貯まった小銭を銀行口座へ入金する方法

小銭を銀行口座へ入金する

 

貯まりに貯まった小銭を銀行口座に入金する方法として

1.小銭を入金できるATM機を使う

2.銀行窓口で入金する

がある。

 

小銭を入金できるATM機を使う

三菱UFJ銀行のATM

jojinavi.com

 

小銭を入金できるATM機としてはゆうちょ銀行の他、メガバンクと呼ばれる大手3銀行の三菱UFJ、みずほ、三井住友銀行、地方銀行や地方信用金庫でも対応している。ただ、ゆうちょ銀行はATM設置台数が少ないため、小銭の両替はタイミングによっては迷惑がかかる。また地方銀行、信用金庫だと手数料を取られるケースもあるので、メガバンクで行うのがおすすめである。

ただし、メガバンクでも、スーパーやショッピングセンターなどの店舗外無人ATMコーナーでは小銭の入金に対応していない。また、利用手数料・時間外手数料がかかる時間帯もあるし、一度に入金できる小銭の枚数が50から100枚と制限されていることもある。入金枚数が制限されているATMでは複数回入金を繰り返す必要があるため、ATM設置台数が多い場所、かつ混雑しない時間帯・日に行った方が良いだろう10日、15日、20日、25日のお昼時間は混雑している所も多い。

 

銀行窓口で入金する

銀行窓口から入金したい場合、銀行の有人支店へ行かなければならない。口座を持っていないと口座への入金は出来ないので、銀行口座のある銀行の支店へ行こう。支店を持たないネット銀行だったり、窓口の無いセブンイレブンでは当然両替できない。

また、銀行の窓口を使って入金すると手数料を取られる。

 

三菱UFJ銀行では硬貨の枚数ごとに手数料が変わり、

枚数 手数料
1~10枚 無料(銀行口座を持っている人)
11~500枚 540円
501以上 (500枚毎)540円を加算

となっている(窓口での手数料は銀行ごとに若干異なる)。

 

500枚毎に540円を取られるので、大量に小銭があり、かつ1円玉が多いと、入金額における手数料の割合はかなり多くなってしまう。

小銭が何百枚、何千枚とありそうなら、窓口を使った方が手っ取り早い。しかし、枚数が少なかったり、手数料を取られたくないならATMで少しずつ入金しておくべきだ。

 

銀行窓口で小銭を入金するまでの流れとしては

1.自動発券機で受付番号カードを発行する。大量の小銭を入金するという項目は無いのが普通なので総合窓口へ行く。

2.番号を呼ばれたら指定の窓口へ行き、「小銭を入金したい」といった目的を伝える。

3.専用の用紙に必要事項を記入し、店内でしばらく待つ。

4.窓口で再度呼ばれるので、入金額と手数料の領収証をもらう。

といった流れになる。

 

ちなみに、窓口では銀行口座へ入金せす、総額を全てお札で受け取ることもできる。手数料や条件も、入金する場合とは若干異なる。

ATMでも小銭を入金後、引き出しで札を受け取ることは当然できる。

 

外貨の小銭を両替する方法

f:id:asiaasia:20180827194833p:plain

pocket-change.jp

 

外貨の両替は通常、お札でしか受け付けていない。例えば、日本でも海外でも、コイン(小銭)を外貨に変えることができなくなっている。海外では500円玉を受け付けていない両替所がほとんどである。

ただ、コインを含む外貨を日本及び海外で使えるポイントへ両替できるサービスが最近出てきた。

ポケット・チェンジ(Pocket Change)と呼ばれるサービスである。

 

日本円はもちろん、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォンもコイン及び札に対応している。

f:id:asiaasia:20180827192818p:plain

 

日本で使えるポイントへの交換先としては楽天Edy、App Store & iTunesギフトカード、Amazonギフト券の他、WAONもある。

f:id:asiaasia:20180827194042p:plain

 

日本の他、アメリカ、中国、韓国といった国で使うことができるポイントもある。

f:id:asiaasia:20180827194337p:plain

 

旅行予定の無い外貨、特にコインなら、普段から滞在する国で使えるポイントへ交換した方が良いだろう。

ただし、ポケット・チェンジ(Pocket Change)による両替レートは市場レートに比べてかなり悪い。近いうちに使う機会があるなら、外貨はそのまま残しておいた方が良いだろう。

 

小銭を残さない生活へ移行する方法

小銭を残さない生活

 

小銭を銀行窓口から入金するにも以前までは無料だったり、手数料は今より安かった。しかし、今では有料化し、手数料も上昇傾向にある。ATMからの入金でも、枚数制限がある上に、小銭の入金可能なATMは割合的にどんどん減少している。小銭を使いやすい、管理しやすい形にするコストも上がっていると言えるだろう。

 

貯金箱といった場所に小銭を貯める楽しさだったり、貯めざるを得ない環境があることは理解できる。ただ、小銭を意識的に使い、貯めない生活を面倒に感じる人もいるはずだ。

これら小銭から生じる煩わしさから解放されるために、小銭を全く出さないキャッシュレス生活への移行も検討すべきだ。

クレジットカードはもちろん、デビットカード、その他スマホを使った決済でも、消費者から見れば現金決済よりも得なことは多い。1%以上の還元を受けることもできるからだ。年間200万円使う人は1%の還元率でも年2万円残すことができるようになる。

クレジットカード及びデビットカードはマスターカード、VISA、JCBなどの加盟店なら全世界で使うことができる。しかし、LINE PAYなどのスマホ決済や日本独自のポイントは基本的に日本国内でしか使えない。利用できるお店もクレジットカード加盟店ほど多くない。従って、特定の店へ頻繁に行く人でなければ作る必要もないだろう。

 

また、クレジットカードは審査に通らないため、使えないという人もいる。こういった人は楽天デビットカードで良いだろう。楽天銀行に口座開設する際、デビット機能付きのキャッシュカードを一緒に申し込みをすることができる。もちろん、楽天へ銀行口座を持ってる人もデビット機能付きのカードに変更することができる。

>>> 還元率1%のデビットカードを作れる楽天銀行

 

楽天デビットカードはクレジットカードのような審査も必要なく、利用料の1%が楽天ポイントとして還元される。楽天ポイントでは楽天でのショッピングから楽天証券での投資にも使うことができるため、1ポイントは1円分の価値がある。

キャッシュレス生活を少しずつ始めたい。けれどもクレジットカードが作れないという人におすすめである。

 

貯金を増やしたい人は下記記事を参考に。