ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

一人暮らしの食費を極限までに抑える方法

一人暮らしの食費を極限までに抑える方法

 

一人暮らしに限らず、食費を極限までに抑えるには、

1.食事は安く済ます

2.時間によって食べる量を調整する

のが重要となる。

あまり重視されていない部分で言うと

3.広い意味でのコストを抑える

のも重要である。

食費の点でも、広い意味でのコストは抑えた方が良い。独身の一人暮らしには極めて重要なポイントになるかと思う。

記事を読むとわかる通り、ネットスーパーという新しいサービスが一人暮らしのコストを最適化するのにかなり役に立つ。

 

この記事では食費を「極限」にまで最適化したい一人暮らしの人に向けて

▶ 安く食事を済ませる方法

▶ 時間によって食べる量を調整する

から

▶ 広い意味でのコストを抑える方法

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

安く食事を済ませる方法

うさぎたんの食費

派遣社員のうさぎたん on Twitter

 

安く食事を済ませるために、まず外食とコンビニ飯を減らさなければならない。食費のかかる人の多くはこの2つにおける費用が大きい。

外食をほとんどせず、コンビニ飯も少ない人は安い食材へと変えるのが、更に食費を抑える上で必要になる。安い食材、特に、エネルギー源となるような食材としては炭水化物でできているパスタや米、パンが上げられる。

下記でそれぞれ詳しく紹介する。

 

 

 

外食とコンビニ飯を減らす方法

外食とコンビニ飯を減らす方法

派遣社員のうさぎたん on Twitter

 

食費を極限にまで抑えたいなら、外食とコンビニ飯は控えた方が良い。交際費を兼ねている外食を減らすのが難しい人なら、1人で食べるコンビニ飯は避けなければならない。コンビニ飯を控えるだけでもかなりの食費を抑えられる。

コンビニ飯の頻度が多くなるのは家の近くにスーパーなどが無い会社員、学生、フリーターだろう。仕事をしていたり、遊んでいる人はスーパーの営業時間に帰宅できない人も多い。スーパーでの買い物自体が面倒に感じる人もいるだろう。いずれにせよ、楽だから近場のコンビニを利用してしまい、その結果、コストがかかるコンビニ飯が多くなってしまう。

 

こうしたコンビニ飯に依存している人におすすめなのがネットスーパーである。ネットスーパーは生鮮食品を含め、スーパーで売られているような食材をスーパーで売られているような価格で購入でき、しかも、自宅まで配送してくれるサービスだ。ネットスーパーや店舗によるものの、配送料を無料にできる。

配送時間も指定でき、仕事から帰宅する19時、20時でも受け取りが可能だ。その日の夕食はもちろん、翌朝の食事もネットスーパーで安く購入した方が良いだろう。自炊が面倒な人でもセブンイレブンで売られているような食材と組み合わせ、調理の手間を省くこともできる。

ネットスーパーについて詳しくは下記記事を参考に。

 

更に安い食材へと変える

うさぎたんの食費

派遣社員のうさぎたん on Twitter

 

叙々苑で焼き肉を食べたり、ラーメン屋でラーメンばかり食べていれば1日数千円の食費はかかってくる。この部分を自炊すれば3分の1以下に抑えるのも可能だ。

牛肉とタレはネットスーパーで購入し、米は炊飯器で炊いて用意する。ラーメンの麺もスープもラーメンに入ってる食材もネットスーパーで買った方が安い。

楽天西友ネットスーパーで売られている調理済みのチャーシュー

楽天西友ネットスーパーで売られている調理済みのチャーシュー

 

ネットスーパーで売られている餃子

イトーヨーカドーネットスーパーで売られている餃子

 

それらが面倒なら、電子レンジだけで調理できるレトルト食品、冷凍食品で良いだろう。これらに変えるだけでコンビニ弁当よりも食費は安くなる。

味のバリエーションも必要ない人なら米やパン、麺といった炭水化物中心の食事にすれば更に食費を抑えられるだろう。

 

確かに、摂取カロリーや摂取する糖質が増えると、体重も増えてしまう。この部分は食事の量と食べるタイミングを考え、調整する必要性が生じる。

 

時間によって食べる量を調整する

時間によって食べる量を調整する

 

同じような食材で食事をしているなら、食べる量を減らせばその分食費も減少する。しかし、食べる量を抑え、食費を下げたとしても、これを維持するのは難しい。そもそも単純な施策なので、これで食費を抑えられるなら苦労しない。

こうした食べる量を抑えるのが難しい人におすすめなのが、食べる量とタイミングを考えた施策である。具体的には、朝食は少なめ、昼食を多めに取り、夕食を少なめに取る。これは高額になりがちな夕食を抑えることで食費を減らせると同時に、健康上も良い影響がある。

 

 

 

朝食

朝食は少なめ、特に体重を増やす必要のない多くの人ならプロテインだけで十分かと思う。自分は朝起きたらプロテインをだけを飲んでオフィスへ行く。

プロテインならAmazonでも1kg1800円で買える。 

>>> 【Amazon】1kg1800円のプロテイン

朝食がこれだけなら月2000円以内で済むだろう。

 

仕事中はカロリーを多めの完全無欠コーヒー*1を飲む。コーヒーが無料のオフィスならココナッツオイルとバターだけを自分で用意する。

 

バター+ココナッツオイルが重く感じる人はココナッツオイルだけで良いと思う。

自分も体調に合わせて、ココナッツオイルだけを加えるようにしている。ココナッツオイルだけなら風味も良くなるため、飲みやすくなる。

職場によってはバターやココナッツオイルも会社側の負担で用意してくれるだろう。プロテインだけなら月2000、コーヒー代や軽食を加えて月5000円まで抑えるのは難しくないはずだ。

 

昼食

仕事にもよるので、ここを抑えるのは難しい。ランチなどは職場の仲間に合わせて選んでいる人も多い。個人的には、昼食を抑える必要はないと思っている。朝食をプロテインだけにして、空腹感を感じる人は意識して多めに取っても良いかと思う。

昼食は仕事のパフォーマンスにも大きく影響する。食費を抑える上で、仕事のパフォーマンスを下げないのも大事だ。

 

夕食

夕食も交際費を兼ねた食費が多いと抑えるのは難しい。しかし、本気で食費を抑えたいなら、この部分も抑えなければならない。デートや仲間内の集まりでも「家飲み」や自炊する機会を作れば良いだろう。ここでもネットスーパーは役に立つはずだ。

Kyashなど、アプリ上では使うお金をプールできる。デートで節約できた分はプールしておき、旅行やプレゼントといった使い方をするのも面白いかと思う。

 

1人で夕食を取る機会の多い人なら、昼食で多く食べた分、意識して減らすようにする。量を減らせないなら、カロリーが少なくて、満腹感を感じるような食材を常に用意しておき、食材に混ぜると良い。例えば、味噌汁にはお麩も多めに入れる。ラーメンならもやしを大量に入れると言った具合だ。

また、空腹感を感じる前に寝るようにした方が良い。夕食後すぐに寝るのは良くない。しかし、食事の量を抑えるなら、2、3時間後には寝ていないと空腹に苦しめられてしまうだろう。

対策として、食事後は寝れる状態にするのが良い。家に帰った後、動画などを見たい場合も、お風呂などには入り、いつでも寝れる状態にしてから見る。ベッドの上でリラックスしながら見ても良いだろう。

 

食費の話からは外れるものの、個人的には、家に帰ったらすぐに寝るようにしている。1人で家での活動時間を増やすと、夜型の生活になってしまうからだ。従って、オフィスに居る時間を含め、外出している時間が多い。

外出すると出費も増える傾向にあるため、食費を抑える点ではおすすめできない。ただ、仕事のパフォーマンスを上げたい人にはおすすめである。

 

広い意味でのコストを抑える

広い意味でのコストを抑える

 

食費を抑える上では、食事にかかる金銭的なコストだけでなく、時間的、労力的なコストを抑えるのも大事である。時間と労力に余力がないと、外食やコンビニ弁当に頼りたくなるからだ。

いくら生鮮食品が安くとも、スーパーまでの距離が遠かったら、近場のコンビニで食事を済ましてしまうだろう。自炊するにしても時間的、労力的に面倒くささを感じてしまう。仕事の後は重たい荷物を運ぶだけで、さらなる疲労も加算されてしまう。

 

こうした労力、時間を節約するためにも、ネットスーパーの利用がおすすめである。ネットスーパーでは注文日当日もしくは翌日に食材を自宅まで届けてくれる。スーパーへ行くまでの時間、スーパーで悩む時間、スーパーから帰ってくるまでの時間を合わせると、1時間以上浪費していてもおかしくはない。この時間はそのまま自炊する時間にも当てれるだろう。

お米や飲み物といった重たい荷物を注文しても料金は無料だったり、一律である。コンビニよりも価格がやすいのはもちろん、時間、労力の節約により「余裕」が生まれるのは大きい。

特に、一人暮らしの人が食費を抑える点では労力と時間の余裕が結果的に金銭的な節約につながるからだ。新たに生じた余裕が自炊の時間・労力に繋がったり、ムダを無くすためのリソースになる。更に食費を抑えるのも簡単になるだろう。

 

 

*1:コーヒーにバターやココナッツオイルを入れたもの。毎日飲むと、食欲が減り、体重も落ちるとされ、アメリカのシリコンバレーで流行ったレシピ。