ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

光コラボの乗り換えを検討する前に知っておくべきこと

光コラボの乗り換えを検討する前に知っておくべきこと

 

光コラボとはNTT東日本・西日本が提供している光回線(フレッツ光)を通し、ユーザーに固定回線インターネットを提供するサービスである。プロバイダへの申し込みも原則不要になっており、月額料金もわかりやすくなっている。

 

フレッツ回線をそのまま利用するため、フレッツ光と光コラボ、光コラボと他の光コラボ間の乗り換え時、工事が原則不要となっている。

また、光コラボ間での乗り換えでも、キャッシュバックを提供しているサービスが多い。

結果として、多くのケースで光コラボの乗り換えは支払う費用よりももらえる額が多くなっている。

ただし、 住所を変える引っ越しの際には、新規での契約か工事が必要になる。あくまでも、住所がそのままで光コラボを変更する場合である。

 

この記事では

▶ 光コラボレーション事業者と光コラボレーション事業者に含まれない光回線サービス

をまとめて紹介するととともに、

▶ 光コラボ間における乗り換えで生じる費用

▶ 光コラボ間における乗り換えは積極的に行うべき理由

についても詳しく述べていきたいと思う。

 

 

光コラボレーション事業者と光コラボレーション事業者に含まれない光回線サービス

光コラボレーション事業者一覧についてはフレッツ光のサイトにて紹介されている。

上記はサービス名ではなく、会社名になる。

 

有名な事業者のサービス名だけを紹介すると

・ドコモ光

・SoftBank光

・so-net光

・楽天ひかり

・DMM光

・ビッグローブ光

・OCN光

・Nifty光

・Asahinet光

・ぷらら光

・eo光

・U-NEXT光

・エキサイト光

以上のようになる。

 

各サービスのホームページでは「NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の光回線サービスとコラボした」などの文章が掲載されている。

 

 

 

光コラボレーション事業者に含まれない光回線サービス

光コラボレーション事業者と光コラボレーション事業者に含まれない光回線サービス

 

フレッツ光の回線を利用しない「光コラボではない光回線サービス」もいくつかある。有名なサービスでは

・auひかり

・NURO光

だろう。

 

auひかりは関東エリアでは、東京電力からダークファイバー*1を借用し、それ以外の地域ではNTT東日本・西日本が敷設したダークファイバーを借用して光回線サービスの提供をしている。

NURO光ではNTT東日本・西日本が敷設したダークファイバーを借用して光回線サービスの提供をしている。

 

これら2つの事業者では光コラボへの乗り換えおよび解約で工事が必要になる。

特に、NURO光の開通工事は「宅内工事」と「屋外工事」を別の日に2回に分けて行われる。ともに立会が必要となる(家にいる必要がある)ので、少々面倒な部分もある。

乗り換え時の手続きでみると、フレッツ光および光コラボレーション事業者のサービス間のように簡単とは言えないだろう。

 

工事費を負担するかどうかは契約による。インターネット上の正規代理店なら、乗り換え時の工事費用の負担をしてくれる、もしくは工事費用以上の額をキャッシュバックされるケースもある。

 

光コラボ間における乗り換えで生じる費用

光コラボ間における乗り換えで生じる費用

 

光コラボ間における乗り換えで生じる費用としては

・解除料(違約金)

・分割で支払っている工事費用

・契約手数料

がある。

 

多くの光コラボでは別途プロバイダの契約をしていない(フレッツ光は別)。したがって、解約時も光コラボレーション事業者への連絡だけで済む。当然、解除料(違約金)も1つの事業者だけから生じる。

また、フレッツ光から光コラボへの乗り換え含む光コラボ間での乗り換えは工事も不要である。しかし、新しい住居において新しくインターネット開通した場合、工事費用も月々の支払いに合わせ、分割で負担している可能性が高い。解約すると、これを一括で支払う必要性が生じる。

契約手数料は新規で契約する光コラボ事業者に支払う初期費用である。こちらはサービスや申し込み方法によるものの、1000円から3000円程度である。

 

下記でそれぞれ詳しく紹介する。

 

 

 

解除料(違約金)

光コラボでは解約する月、契約期間によって解除料の可否を決めている。

多くの光コラボでは契約更新月(契約満了月)を設けている。つまり、特定の月に解約しなければ解除料を取るという契約だ。解除料は9500円程度になっている。 

例えば、SoftBank光の自動更新ありプラン(2年)は契約成立月を1ヵ月目とし、24ヵ月目が契約満了月になっている。この24ヶ月目に解約すると、解除料(違約金)が0円になる。25ヶ月目以降に解約すると、9500円がかかる。

楽天ひかりでは新規申し込みの場合、開通月を1ヶ月目として36ヶ月目が契約満了月、他社の光コラボからの乗り換えでは開通月を1ヶ月目として24ヶ月目が契約満了月になっている。この次の月(37ヶ月目と25ヶ月目)に解約すれば9500円がかからない。楽天ひかりでも、この月以降に解約すると、9500円がかかる。

 

更新月のシステムがない光コラボとしてはDMM光がある。DMM光では契約してから25ヶ月目「以降」解約手数料が0円となっている。24ヶ月目よりも短いと9500円を請求される。

 

契約手数料

契約手数料は新規で契約する(乗り換え先)光コラボ事業者へ支払う初期費用である。こちらの料金は解除料よりも低額になっている。

いくつかの光コラボサービスにおける契約手数料を紹介すると

Softbank光(契約事務手数料):3000円

楽天ひかり(初期登録費):フレッツ光もしくは光コラボ利用者1800円、フレッツ光および光コラボの非利用者800円

DMM光(契約手数料):2000円

以上のようになる。

 

分割で支払っている初期工事費(初期費用)

上でも述べたように、フレッツ光から光コラボへの乗り換え含む、光コラボ間での乗り換えは工事も不要である。しかし、乗り換え「前」、新規契約で光コラボの回線を開通していた場合、工事費用を分割で支払っているかもしれない。分割で支払っている工事費用の支払いが終わる前に乗り換えれば、解約時に一括で工事費用を請求される。

 

例えば、初期工事費(初期費用)が24000円で、毎月2000円ずつインターネット料金と一緒に分割で支払っていたとする。1年で解約すれば、工事費用として12000円の支払が残っている。この料金は工事費用として、乗り換え時にまとめて請求される。

 

光コラボ間における乗り換えは積極的に行うべき理由

光コラボ間における乗り換えは積極的に行うべき理由

 

光コラボ間の乗り換えは契約によるものの、2年以上の契約をしているなら、解除料(違約金)、事務手数料しかかからない。解除料は9500円程度、契約時の事務手数料も1000円から3000円程度になっている。

請求される費用に対し、光コラボの乗り換えで受けれるキャッシュバックは10000円を越えるものも多い。つまり、支払う費用と受けれるキャッシュバックを加味すれば、むしろプラスになる方が多いだろう。

例えば、楽天ひかりのホームページからの申し込みなら、光コラボ間の乗り換えだけで20000円のキャッシュバックも受けられる。

 

工事費用・解除料がかからない人はもちろん、解除料がかかっても、一定期間契約しているなら光コラボは乗り換えなければ損だ。

乗り換えを検討する際には、契約している光コラボに連絡し、契約更新月や工事費用残高の確認も予めしておくと良いだろう。

 

ちなみに、 住所を変える引っ越しの際には、新規での契約か工事が必要になる。あくまでも、住所がそのままで光コラボ事業者を変更する場合である。

 

住所を変える引っ越しの際の乗り換え手続きについては下記記事を参考に。

www.savingslifer.com

 

 

*1:敷設したけど使われていない光回線(光ファイバー)