ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

引っ越しでインターネットを解約する際の手続き手順とタイミングについて

インターネットの解約

 

この記事ではこれからインターネットを解約しようと思っている人がスムーズに手続きを進められるように

▶ インターネットの解約時に必要な手続き手順

から

▶ 引越しでのインターネットの解約及び申し込みは何日前にすべきか?

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

インターネットの解約時に必要な手続き手順

インターネットの解約手続き

 

インターネットの解約時に必要な手続きとして

1.プロバイダ、回線事業者の解約手続き

2.モデム、光回線終端装置(ONU)の返却手続き

以上2つがある。

 

プロバイダ、回線事業者の解約手続き

最近はプロバイダと回線事業者が一緒になっているサービスも多い。ソフトバンク光やNURO光が良い例で、この場合解約は一緒に行うことが出来る。

プロバイダと回線事業者が別会社の場合、それぞれで解約の手続きが必要になる。

 

プロバイダの多くはネット上で解約手続きが出来る。yahoo BB、nifty、So-net、BIGLOBEなど、契約しているプロバイダのホームページから「ユーザーネーム」、「パスワード」を入力しログインすればネット上で簡単に解約の手続きが出来る。

 

プロバイダよりも面倒なのは回線事業者の解約だ。フレッツ、ソフトバンク光、NURO光、auひかり等、こちらは基本的に電話での解約が必須となる。

上記ページ下部に、フレッツ解約の連絡先がある。 

 

ちなみに、フレッツは同じNTTでも東日本と西日本では別会社になる。引越し元と引越し先でエリアが異なる際は、一度解約する必要がある。

 

モデム、光回線終端装置(ONU)の返却(レンタルの場合)

インターネットの接続に必要なモデム、光回線終端装置(ONU)を契約時にレンタルしていた場合、解約時にそれも返却しなければならない。モデム、光回線終端装置(ONU)を購入していた人は不要な手続きである。ただし、多くの人がレンタルで契約しているかと思う。

 

光回線終端装置(ONU)

光回線終端装置(ONU)。ASDLの場合は「モデム」を使い、光回線の場合は「光回線終端装置(ONU)」を使う。

 

モデム、光回線終端装置(ONU)の返却先は解約時の電話で指示がある。解約時に教えてもらえる指定の住所へとモデム、光回線の場合は光回線終端装置(ONU)を指定期日までに送り返さなければならない。ネットでも返却先住所は公開されている。

ソフトバンクのモデム、光回線終端装置(ONU)返却先

 

契約時、モデムが送られた時に入っていた箱があればそれを使えば良いだろう。箱を捨ててしまった場合は別途壊れないよう梱包しなければならない。新しく契約する際にはきちんと箱も保管しておいた方が良いだろう。

 

解約だけでなく、次の引越し先でインターネットを使えるようにするまでの手続きを含めた「引越しで必要になるインターネットの手続き」全般については下記記事を参考に。

 

引越しでのインターネット解約は何日前にすべきか?

解約する日は、通常引越しによってインターネットを使わなくなる日を基準にするかと思う。しかし、インターネットの解約は引越しの何日前というよりも、月末を基準に解約する事を意識すべきだ。特にプロバイダの方は日割りでの計算が「なされない」のが普通なので、3月1日に解約しても3月31日に解約しても同じ料金が請求されることになる。引越しをしてから解約しても、請求される料金は一緒になることは良くある。

 

ちなみに、2年以上使っていても更新月でなければ違約金等が発生してしまうケースがある。解約時に料金が発生するかどうかは解約の電話をする際、オペレーターに確認した方が良い。引越しする次の月が更新月なら、インターネットを使わなくとも契約は継続し、その月に入ってから解約した方が安くなる事は多い。

もし、違約金が発生するようであれば、キャッシュバック分の料金と比較して乗り換えの検討した方が良いだろう。

 

インターネットの引越しでかかる違約金等、費用については下記記事を参考に。

 

引越しにおけるインターネットの申し込みは何日前に行うべきか?

引越しにおけるインターネットの申し込み

 

引越し先インターネットの申し込みは新居の住所が決まったらなるべく早く行った方が良い。なぜなら、回線開通の工事はすぐに行う事が出来ず、スケジュールの調整が必要になるからだ。

出来れば1ヶ月前ぐらいに申し込んだ方が良いだろう。遅くとも1週間前に申し込む必要がある。早く申し込めば申し込むほど、引越し当日に回線工事ができ、引越し当日からインターネットを使うことが出来る確率が上がるだろう。

 

年度末や年度始めは引越しで混み合うため、意識して早めに申し込む必要がある。引越し先にもよるが、この時期は工事の予約が1ヶ月以上先まで埋まっている可能性もある。

 

WiFiルーターの契約をすれば、回線工事は不要となる。従って、ルーターが到着し次第、インターネットの利用が可能になる。しかし、WiFiルーターの場合、通信制限が生じてしまう。場所にもよるが、速度についても満足できないケースは多くなるだろう。

 

無制限でインターネットを楽しみたい場合は回線を引くのが無難である。その場合、新居の住所が決まり次第インターネットの申し込みも行うべきだ。

 

インターネットの引越しの際、継続利用と新規契約どっちが良い?

f:id:asiaasia:20171216172737j:plain

 

住所を変える引越しで、新居でもインターネットを利用する場合

1.現在のインターネット(プロバイダ、回線事業者)を継続利用

2.インターネット(プロバイダ、回線事業者)を解約し、新たに契約新規契約

という選択肢2つのうち一方が必ず必要になる。

 

インターネット(プロバイダ、回線事業者)の「継続利用」と「解約後の新規契約」、どちらを選択するかは

▶ 新住所で同じ回線事業者とプロバイダが対応しているかどうか

はもちろん

▶ 手続きの手間

▶ かかる費用(マイナス)・キャッシュバック(プラス)

を比べて判断することになるかと思う。

 

両方を経験した感想で言えば、解約後に新規契約した方が良い。なぜなら、手続き面ではそこまで違いはなく、お金の面を考慮すれば、マイナスどころかプラスになることも多いからだ。

 

インターネットを継続利用すると、新居でのインターネット工事費用を負担しなければならない。そのため、場合によっては高額な金額が必要になる。特に、マンションタイプよりも一戸建で、この工事費用が高くなる。継続利用の場合、工事費用負担はほぼ確実である。

 

インターネットを解約する場合、更新月以外の解約になると「解除料」を請求され、解約のタイミングによっては分割で支払う予定だった「工事費用の一括返済」が必要になっている。

一方で、インターネットを新規契約する際には、インターネット開通工事の初期費用が通常は無料で、更に現金のキャッシュバック、商品のプレゼントを受けることが出来る。

このキャッシュバックの額が大きく、解除料や工事費用の一括返済といった違約金を上回ることも度々あるのだ。

 

回線速度が速い光のプロバイダ、回線事業者でそれぞれの正規販売店サイトとしてもっともお得なキャッシュバックを受けることの出来るのは店舗を持たないネットの正規販売店サイトである。

おすすめ順に紹介していこうと思う。

 

1.auひかりの正規販売店サイト

auひかりへのインターネット引っ越し

 

マンションタイプは月額プロバイダ料金込で2550円~。しかも、auのスマートフォンとauひかり(+電話サービス)をセットで利用すれば、スマートフォンの利用料金が2000円も割引となる。

更に、シェアを広げている段階なので、正規販売店からの申し込みで戸建タイプが最大6万円、マンションタイプが最大3万円のキャッシュバックを受けることが出来る( auひかり回線+指定プロバイダー+即日申込完了が条件)。

他にも、乗り換えに伴う解約金やインターネット工事費用が無料になったり、合計12万円以上の還元を受けることが可能だ。

 

この代理店を使ってauひかりに乗り換えれば、インターネットの引っ越しでプラスに出来る人が殆どになるだろう。 

 

>>> 【公式から申し込むよりも断然お得!】auひかりの正規販売店サイト

 

2.ソフトバンク光の正規販売店サイト

f:id:asiaasia:20180109152438j:plain

 

フレッツ光からソフトバンク光へ正規販売店サイトを通して乗り換えると

▶ 工事や光回線終端装置(ONU)などの返却が不要

なので簡単に乗り換えが出来るのと、プロバイダがYahoo!BB「以外」なら、

▶ プロバイダ料金込で月々の費用を2800円~(毎月1000円割引)

もしくは

▶ 24000円のキャッシュバック
といった金銭的なメリットを得ることが出来る。ただし、プロバイダがYahoo!BBだと、キャッシュバックの額が少なくなったり、キャッシュバック自体を受けられなくなるケースもある。

 

それでもソフトバンク光なら毎月プロバイダ料金込で4000円程度である。他社に比べると年間1.2万円ぐらい安くなるのだ。

 

また、通常インターネットを契約更新月以外で解約すると、違約金を払わなければならない。加えて、工事費用を分割払いしているのが普通なので、解約時に残りの費用を一括請求される場合もある。つまり、更新月でなく、工事費用の分割払いが終わっていなければ、違約金と残りの工事費用を支払う必要性が出てくるのだ。

しかし、正規販売店サイトからソフトバンク光への乗り換えを申し込めば、違約金等も負担してくれる。

違約金の発生する引越しなら、違約金を負担してくれるこちらの代理店からソフトバンク光に申し込むべきだ。

 

>>> 【公式から申し込むよりも断然お得!】ソフトバンク光のお得な正規販売店サイト

 

携帯や電気とのセット割引もある。ソフトバンク携帯やソフトバンクでんきを契約する予定の人も早めに乗り換えた方が良いだろう。

 

インターネットだけでなく、携帯や電気もソフトバンクへ変更することを検討している人は下記記事を参考に。

 

3.フレッツ光の正規販売店サイト

回線事業者最大手フレッツ(NTT)光の正規販売店である。安定的な速度とサービスの利用できる範囲が広いのが特徴である。

インターネットをあまり使わないフレッツ光ライトなら月額2200円+工事費~。

使い放題のフレッツ光ネクストなら月額2250円+工事費~。

になる。プロバイダやマンション、戸建てなどのタイプによっても料金は異なってくる。

 

また、新規申し込みで最大7万円のキャッシュバックを受けることが出来るのも嬉しいだろう。

フレッツ光へのインターネット引っ越し

 

高額キャッシュバックには各種オプションの申込も必要になる。これら料金はもちろん解約可能だし、これらを含めても安く利用できる。

フレッツ光で契約を考えているなら、キャンペーン期間中に申し込みだけでもしておいた方が良いだろう。

 

>>> 【公式から申し込むよりも断然お得!】フレッツ光の正規販売店サイト

 

4.NURO光の正規販売店サイト

NURO光はSo-netによる新しいプロバイダ、回線事業者である。プロバイダと回線事業者が一緒になっているので、別々に契約しなくとも良い。

正規販売店サイトからの申し込みもインターネットの乗り換えだけで1万円、ひかり電話や指定オプションを一緒に申し込めば4万円までキャッシュバックを受ける事が出来る。

NURO光へのインターネット引っ越し

8万円のキャッシュバックを受けるには、4名の紹介者(他の人も一緒にインターネットの引っ越し)が必要になる。

 

NURO光G2Vのプランだと、フレッツ光やau光よりも少々上がる月4743円。これに工事費が30ヶ月分割で請求されるため月6000円程度となる。

NURO光の速度、料金

 

他にも、契約事務手数料3000円が初月に請求される。かかる料金について詳しくは下記ページを参考に。

光回線のインターネット料金プラン | NURO 光

 

ただ、ソフトバンク携帯を持っている人は割引を受けることが出来る。

NURO光・おうち割・光セット

おうち割・光セット(2018年1月18日からは永年1000円の割引となる)

 

もちろん、ソフトバンクでない人にも十分オススメ出来るので、キャッシュバックキャンペーンや速度に魅力を感じている人は検討してみると良いだろう。

 

>>> 【公式から申し込むよりも断然お得!】NURO光の正規販売店サイト

 

正規販売店サイトからのプロバイダ、回線事業者申し込み時の注意点

公式ホームページよりもお得でキャッシュバックを受けることが出来るが、販売店サイトからの申し込みではいくつかの注意点がある。

 

販売店により条件は違ってくるが

▶ 2年以上の縛りが発生する(ネットの正規販売店でなくとも、通常このしばりは発生する)

▶ 有料のオプションへいくつか加入しなければならない(すぐに解約が可能)。

▶ キャッシュバックが開通から3ヶ月以上先になる事が多い

▶ 工事が土日指定だと数千円の別料金が発生する(平日は無料)

▶ 2年以上経っても、「更新月以外」に解約すると違約金が発生する

といったものがある。

 

契約時に電話でこういった部分は強調して説明してくれる。ただ、申込み時には意識して確認しておくべきだ。

 

ちなみに、新居の住所がわかっている人は申し込みだけ先にしておいた方が良い。出来れば引越す2週間以上前に申し込みだけ行っておこう。引越し後に申し込みをするとネット開通までにしばらく時間がかかり、家にネットが開通していない期間が生じてしまう。申し込みだけ早めに行えば、開通工事日のスケジュールを引っ越し当日にすることも可能になる。開通工事が引越し当日であれば、ネットが使えない空白の期間を作らなくても済むはずだ。

 

インターネットに限定されない、引越し業者から様々な契約、区市町村役所といった行政機関での手続きまで、「引越しでの手続き全て」については下記記事を参考に。

こちらも前もって読んでおくべきだ。