ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

月10万円で楽しく生きるための生活術について、費用を含めて詳しく紹介していく

月10万円で楽しく生きる

 

「月10万円の収入があり固定費、食費を抑えれば2ヶ月に1回海外旅行にも行ける。」

 

もちろん、全ての人がこうしたコストを抑えた生活が可能だとは思わない。それでも難易度に関してはそこまで高くないかと思う。多くの人にとって実現可能なライフスタイルである。

確かに、我慢することが多くなれば、難易度も高くなってしまう。従って、多少の我慢で抑えることができる固定費の削減から積極的に行うべきだ。

 

また、金銭的な余裕が生じた場合も貯金より控除や保険など、賢い手段へ使うようにしよう。こうした月10万円で生活できる施策の最適化を行えば、貯金の他にも、2ヶ月に1回海外旅行へ行き、生活に非日常感を加えることもできる。

月10万円の支出でも海外旅行へ行ったり、楽しく生きることは十分に可能なのだ。


この記事では

▶ 月10万円で生活するための家計簿

▶ 貯金よりも「控除」や「保険」

を利用すべき理由から

▶ 海外旅行へ行く際の費用

についてまで詳しく述べていきたいと思う。

 

 

月10万円で生活するための家計簿

月10万円の生活


月10万円で生活するための費用としては

家賃 2万円

通信費、電気代 0.8万円

食費 3万円

その他 1.7万円

計7.5万円に加え、貯金もしくは楽しく生きるための

貯金もしくは娯楽費、交際費 2.5万円

が目安になる。2人で住む場合は1人あたりの費用で考えて欲しい。

 

その他にはガス・水道費、税金・社会保険料・国民年金、雑費などが含まれる。

月10万円の収入であれば税金、社会保険料で月1万円以下になる。これは控除などを利用して更に下げられる。

 

生活費の削減を進めていくならまずは固定費の削減を考えなければならない。

一般的に、一番大きいのは家賃である。加えて、通信費(インターネット、携帯代)、電気代がある。

通信費、電気代は書類やウェブの手続きだけで減らせる。これらは食費よりもストレスを感じず下げれる。時間がある時はすぐにでも申し込みをすべきだ。

 

 

 

家賃:1人あたり2万円

生活費の削減を考えた時、家賃は真っ先に削減すべき部分である。月10万円で暮らそうとすれば、固定費の中でも家賃の割合が多くなるからだ。この点で、東京に住むなら実家暮らしでも無い限り難しいだろう。

1人暮らしで家賃を抑えるなら、大阪や福岡などがおすすめである。家賃月1万円以下を目指すなら、大分県杵築市、国東市のエリアが良いだろう。

もちろん、住む都市は好みに合わせて決めれば良いかと思う。

 

夫婦だったり、友人と部屋をシェアするなどすれば1人月2万円、2人で月4万円となる。2人以上のシェアなら住める家の選択肢も広がり、家賃をより下げることができる。節約の難易度を下げたいなら友人とのシェアも考えるべきだ。

 

家賃を月2万円以下に抑えるだけで、月10万円生活の難易度もグッと下げられる。それぐらい固定費で大きい家賃を抑えるのは大事だ。

 

通信費、電気代:1人あたり0.8万円

通信費は自宅のインターネット及び携帯代合わせて月5000円以下に抑えるべきである。インターネットは娯楽の大部分を占めるため、この費用はある程度確保すべきだ。もちろん、ネット以外に娯楽のある人は、必ずしもインターネットの契約をする必要はない。

 

自宅のインターネットの選択肢としては光回線、WiFi、ブロードバンドがある。この中でもっともコスパが良いのはWiFiになる。費用の点では光回線よりもWiFiの方が安い。使い放題のWiFiは2726円~からある。こちらのWiFiは1、2ヶ月目が2726円、3ヶ月目から24ヶ月目までは3411円、25ヶ月目以降でも4011円となる。3年ごとに別の会社へと変えれば毎月3500円程度の負担にまで抑えられる。ブロードバンドはWiFiよりも安いプランはある。ただ、速度の点や固定電話が必要である点から、WiFiに比べ、コスパは良くない。WiFiなら、インターネット速度もブロードバンドよりは速い。もちろん、地域によっては繋がらない、繋がりにくい場所もある。きちんと、問い合わせたり調べた上でWiFiも契約すべきだ。

また、WiFiならモバイル用の外出先でも、WiFiを持ち運べば、インターネット環境を構築できる。携帯電話ではデータ通信の契約をする必要性も無くなるだろう。

 

携帯代が高額になっている人はまずキャリアのスマホを辞めるべきだ。携帯電話はSMS認証が求められるアプリも多いため、「SMSあり」「通話無し」の格安SIMを契約する。こちらのSIMならSMSありで月額500円程度からある。

消費の多くを楽天で消費している人は楽天モバイルがおすすめである。

 

楽天モバイルはSMSありのデータSIMが月額645円から利用できる。電話は無料アプリやIP電話を利用することで、極限にまで抑えられるだろう。

夫婦だったり、友人と家のシェアをすればインターネットにかかる費用の負担を分けることもできる。

  

毎月の通話料が高い人も050で始まるIP電話を契約すれば良い。特定の人物との電話が多いならIP電話を使うことで無料にすることもできる。

 

電気も電力自由化によって会社を選べるようになった。電気をあまり使わない人なら、基本使用料が0円の楽天でんき、もしくはループでんきが最安値になるかと思う。特に、関西、北陸地方の人はkWhあたりの電気代がかなりお得である。

電力会社はネットの手続きで簡単に変更ができる。電気代を最安値にしたい人は下記記事を参考に。

 

基本料金および1kWhあたりの電気料金は電気の使用量は電力会社や家電の変更でもある程度は下げられる。ただし、月3000円以下に抑えるとなると、冷房や暖房の節約も必須になる。

従って、夏場や冬場は多少の我慢も必要になるだろう。

 

通信費、電気代は書類やウェブの手続きだけで減らせる。まずはインターネット会社、電力会社の変更など、節約しなくとも下げられる部分の変更から行うべきだ。これらはストレスがかからなくとも、月数千円レベルで下げれるため、時間がある時にでも早めに申し込みはしておこう。

 

食費:1人あたり3万円

カップラーメンの食事

 

価格の安い食材としては

1.米

2.カップラーメン、袋麺、乾燥パスタなどの麺類

といった炭水化物が多い

これらはネットで注文できる上に、保存が効くという点でも優れている。

 

食事をこういった米や粉物だけで済ませれば食費もかなり抑えられる。

 

米10kgをネットでは3000円程度で購入できる。家を出ずにネットで購入した方がむしろ安い。

1食1合(約150g)で済ますとすれば約66食分である。もちろん、調味料などを入れたりして、味の工夫はした方が良いだろう。味噌汁や納豆など、ご飯にプラスすることで食事と呼べるようなものへ、より近づけることも出来る。

 

生鮮食品なら「ネットスーパー」を利用すれば良い。ネットスーパーなら、自宅まで食材を届けてくれるため、労力の節約にもなる。

以前まではこうしたネットスーパーも、店舗へ訪れるよりコストが増加していた。商品自体が高かったり、配送料がかかるからだ。しかし、最近のネットスーパーは金銭的にもかなりオトクである。実際にサイトを訪れ、値段のチェックをしてみると良いだろう。

楽天西友ネットスーパーにある生鮮食品と惣菜、お弁当ページ

生鮮食品と惣菜、お弁当ページ。実際に商品を見た方がその安さも実感できるはずだ。本当に、店舗並の安さで販売されている。食材の配送も当日もしくは翌日に行ってくれる。

 

ネットスーパーの使い方からネットスーパーの比較まで更に詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

ネットスーパーとして有名なのは楽天西友ネットスーパー、イオンネットスーパーである。また、地域特有のネットスーパーも存在しているため。これら2つのネットスーパーが利用不可なら、他にもネットスーパーがないか、探す必要がある。

 

ネットスーパー利用不可の地域でも、カップラーメンならネットで安く買える。

こちらはご飯よりも味にバリエーションをもたせられるため飽きない。

 

食費を月1万円以内に抑えている人の多くは炭水化物が主の食事をしている。

懸念としては、栄養がかなり偏ってしまう点があげられる。栄養価の高い食材を意識して購入する必要がある。また、炭水化物中心の食事だと、脂肪が付きやすくなるため、体型を維持したい人は我慢も必要になる。

予算としては1人3万円を目安とし、十分な栄養が取れるように使った方が良いだろう。

 

その他:1人あたり1.7万円

その他には社会保険料(国民年金、国民健康保険)、雑費が含まれる。所得が年間120万円なら税金や国民健康保険料は1万円弱になる。

国民年金保険料は2019年5月現在で16410円である。月10万円以内の生活をするなら、この額を負担するのは難しい。従って、国民年金は免除もしくは減額の手続きを行った方が良い。

 

収入が無い人はもちろん、月収10万円なら、半額免除は可能になる。

税金、社会保険料以外の雑費としては移動費や日用品・嗜好品(タバコ、お酒)の購入費がある。もちろん、これらも含めて1.7万円が目安となる。

 

 

 

稼ぐなら東京に住むべき

専門スキルを持っている人だったり、ネットを使い地方でも生活費を十分に稼げる人なら東京に住む必要はない。

しかし、専門スキルやキャリアを持たない人にとって、東京はお金を稼ぐ場所としてはアジアで1番とも言えるぐらい魅力的な場所だ。

 

東京は稼げる仕事、バイトが他の都市よりも圧倒的に多くなっている。また、非正規雇用者においては給与比での家賃も安い。

ウーバーイーツといったフリーランスのデリバリー業も最近は盛んで稼ぐ手段も多様化している。専門的なスキルを「持たない」人、単純労働で稼ぎたい人、高額を稼ぐことを重視するなら東京に住むという選択肢も考えるべきだ。

稼げる額が増えるなら、月10万円に支出を抑える必要はなくなるだろう。

 

貯金よりも「控除」や「保険」

貯金や控除


収入から支出を引いて余った分は貯金するのも悪くない。しかし、銀行にそのままお金を入れておくよりも、各種控除や保険(じぶんの積立)などの金融商品にしておくべきだ。なぜなら、各種控除や損金として計上することで払うべき税金を減らすことができるからである。

支払うべき税金の減少額は所得によって異なる。所得税は累進課税になるので、収入が月10万円なら5%程度である。従って、月2万円控除して減る税金は年1.2万円である。1.2万円だと少なく感じるかもしれない。しかし、普通に貯金するよりかは確実にお金を残すことができる。銀行に預けて得られる金利よりも圧倒的に高い。控除は積極的に利用を検討すべきだろう。

 

収入に対する控除として代表的なものでは

・小規模事業共済(自営業者向け)

・経営セーフティ共済(自営業者向け)

・イデコ

・ふるさと納税

・じぶんの積立

がある。給与所得の人でもイデコ、ふるさと納税、じぶんの積立による控除は可能である。

 

ただ、控除にも「掛金の継続期間によって、受け取れる金額の割合が決まる。もしくは受け取りの時期が決まっている」といった欠点はある。

こうした欠点を避けたいならまず「じぶんの積立」や「ふるさと納税」を利用しよう。じぶんの積立は掛け金が控除される上に、いつ解約しても掛金の100%が戻ってくる。必要な時に保険の受け取りもできる。毎月の積み立てならこちらから検討すべきだ。

困った時、すぐに現金化したい人は現金化しやすい控除の利用から考えてみよう。

 

ふるさと納税では2000円を負担するだけで、払うべき税金が減る制度である。10万円を寄付すれば5万円分のポイントが区市町村もある。5万円分のポイントや商品を残したまま、来年10万円分の払うべき税金が減るので、利用しないと損だろう。

おすすめのふるさと納税については下記記事を参考に。

 

経営セーフティ共済も40ヶ月(3年6ヶ月)継続すれば任意の解約でも100%の額が戻ってくる。資金が拘束される期間も短いので、こちらも少額で良いので、早いうちから始めるべきだ。

 

イデコについては60歳以上でないと積立金の受け取りができない。小規模事業共済も任意による解約で、かつ掛金納付月数が、240ヶ月(20年)未満の場合は、掛金合計額を下回る。従って、生活がギリギリの人が初めから掛金を高額にすることはおすすめできない。ただ、イデコの積立分は自己破産しても取られないし、イデコの積立が無いものとして生活保護を受けれる。老後のための積立資金としては利用価値の高い制度である。

 

ちなみに、これらで積み立てたお金も受取時には収入として税金がかかる。それでも累進課税制度があるため、リタイアしてからなど、収入の少ない(ほぼ無い)、個人事業が赤字の時を狙って受け取れば、払うべき税金が減るのは間違いない。

貯金するよりも賢い選択になるだろう。

 

各種控除について更に詳しくは下記記事を参考に。

 

海外旅行へ行く際の費用

タニヤ通り

バンコクの日本人街「タニヤ通り」

 

月7.5万円の支出に抑えれば、月10万円の収入でも、毎月の貯金の代わりに、海外旅行へも行ける。もちろん、月2.5万円を交際費やその他娯楽費にあてても良いだろう。

 

海外旅行なら、1回5万円、2ヶ月に1回になる。LCCと格安ホテルを利用し、1回5万円で10日間も過ごせる。ただし、航空券代が2万円から3万円であり、ホテル代が安い国でないと難しい。

日本からの航空券代も含め、5万円で10日間過ごせる国としては「韓国」「台湾」「中国」「タイ」「フィリピン」がある。

 

それぞれ日本からの直通LCCが出ており、安い時期なら

韓国(ソウル):1万円から2万円

台湾(台北):1.5万円から2.5万円

中国(上海):2万円から3万円

タイ:2万円から3万円

フィリピン:2.5万円から3.5万円

以上のような価格で往復航空券を購入できる。もちろん、価格は利用する空港や時期によって異なる。

 

10日5万円の予算で航空券が2.5万円であれば、現地のホテルや食事代も1日2500円で済まさなければならない。この場合、ホテルなど物価の高い韓国は難しくなるだろう。ただ、韓国は航空券代が1万円台で変える時期もある。航空券代が1.5万円なら1日3500円を使える。この額なら不可能ではない。

タイの場合、ホテルが充実しており2000円以下でも泊まれるホテルは多い。ただし、バンコク中心部のホテルではシングルルームで3000円はかかる。1日3000円以下に抑えるなら、中心部のドミドリー(複数人の客が同じ部屋やベッドに泊まるタイプのプラン)か郊外のシングルルームになる。

これらのホテルを利用すれば、ホテル代を含めて1日あたり3000円程度にも抑えられるだろう。

やはり、10日5万円の予算であれば、台湾が一番余裕を持って旅行できるだろう。

 

また、海外旅行へ行くなら海外旅行保険には必ず加入しておくべきだ。10日間なら有料のものでもそこまで高くはない。クレジットカードに無料で付帯しているものもある。

個人的には海外旅行が自動付帯で空港のラウンジが使えるプライオリティ・パスが付きの楽天プレミアムカードがおすすめである。ただし、年10800円の年会費がかかる。

楽天市場での利用状況によっては十分元が取れるので、楽天での出費を見ながら検討してみるべきだ。

 

航空券代を予約することでホテル代に割引が生じる予約サイトについては下記記事を参考に。

 

普段の生活費を7.5万円程度に抑えるだけで1ヶ月あたり2.5万円の余裕を作れる。海外への滞在期間は日本での支出も抑えることができる。2ヶ月で10日滞在するなら1ヶ月あたり5日分の出費が少なくなる。家賃以外の費用は少なくなるため、月7.5万円生活にもさらなる余裕が生まれるはずだ。ただし、海外に行っても家賃などの固定費は変わらない。固定費を抑えるべき理由はこの点にもある。

もちろん、海外旅行でなくとも非日常を楽しめるような活動はある。ただ、生活環境が変わり、わくわく感を楽しむなら海外旅行が手っ取り早い。

月10万円の収入でも、このようなわくわくに浸りながら楽しく生きることができる。海外旅行に行かずとも応用はできるので、こうした生活術はできるところから取り入れるべきだ。

 

ちなみに、月5万円となると、難易度もかなり高くなる。ある程度の才能も必要になるだろう。月5万円の生活を目指す人は下記記事も参考に。