ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

月5万生活で楽しみながら生きられるのか?

月5万生活で楽しみながら生きられるのか?

 

月5万円の生活を送ろうとする場合、まず家賃と食費の点でかなりの制限が生まれる。1人暮らしなら東京に住むのはほぼ不可能である。

家賃はもちろん、家賃以外の固定費も数千円レベルで抑えなければならない。食費も多くて2万円だろう。この点で多くの人が生活する上でのストレスを避けられないはずだ。

 

月5万円で楽しみながら生活できる人というのはどちらかと言えば少数になるかと思う。個人的にも、この額では無理だと思っている。ただ、一部の人はコストを抑えつつ、刺激の多い暮らしも継続的に行っているのも確かだ。

 

この記事では

▶ 月5万円での生活を実現するための家計簿

を参考として提示するとともに

▶ 月5万生活で楽しみながら生きられるのか?

について個人的な見解を述べていきたいと思う。

 

 

月5万円での生活を実現するための家計簿

月5万円での生活を実現するための家計簿

 

月5万円で生活するための費用としては

家賃 1.5万円

食費 1.5万円

通信費、電気代 0.8万円

その他 1.2万円

の計5万円が目安になる。

 

生活費の削減を進めていくならまずは固定費の削減を考えなければならない。

一般的に、固定費で一番大きいのは家賃である。次に通信費(インターネット、携帯代)、電気代がある。

加えて、食費も月2万円以下に抑えなければならない。この点でストレスを感じる人も多くなるはずだ。自炊の習慣化が求められるのはもちろん、交際費としての支出、友人や恋人とのデートでの外食も控える必要がある。

その他にはガス代・水道費、税金・社会保険料・国民年金、雑費などが含まれる。余裕ができたなら、税金の支払を減らすための各種控除だったり、貯金も検討すべきだ。

 

家賃:1人あたり1.5万円

月5万円以内の支出へ抑えるなら、真っ先に削減すべき部分は家賃である。持ち家や実家でもなければ、固定費の中でも家賃の割合が大きくなるからだ。この点で東京に住むなら実家暮らしでも無い限り難しいだろう。東京の場合、シェアハウスでも3万円で住める家は殆ど無い。

地方都市でも1.5万円以下の家は限られる。電気、水道、インターネットのインフラが普通に使えて車が無くとも便利な都市としては福岡市がギリギリになるだろう、大阪や名古屋になると厳しいはずだ。

>>> 現在の福岡県福岡市の物件一覧

 

例外的に、そこそこ便利な街であり、1万円以下の物件が多い街としては大分県杵築市、国東市エリアがある。

キャノンの工場撤退がこの街の家賃相場暴落の原因とされる。

>>> 大分県で現在掲載されている物件一覧

 

夫婦だったり、友人と部屋をシェアするなどすれば1人月1.5万円、2人で月3万円となる。2人以上なら3万円となるため、住める家の選択肢も広がる。現在1人暮らしの人も、節約の難易度を下げたいなら友人とのシェアを考えるべきだ。

特に女性の場合、家賃の安い家には住みづらい部分もあるだろう。便利な都市部で家賃月1.5万円以下を目指すとなれば、怪しい男性も多い。住んでるだけでストレスを感じるかもしれない。

ちなみに、発展途上国の場合、多くの女性は部屋をシェアして暮らしている。その方がより良い家へと家賃を上げて住めるからだ。日本でも女性が低コストの生活を送りたい場合、複数人でのルームシェアを検討すべきだろう。

 

通信費、電気代:1人あたり0.8万円

通信費は自宅のインターネット及び携帯代合わせて月5000円以下に抑えるべきである。インターネットは娯楽の大部分を占めるため、この費用はある程度確保すべきだ。もちろん、ネット以外に娯楽のある人は、必ずしもインターネットの契約をする必要はない。

 

自宅のインターネットの選択肢としては光回線、WiFi、ADSLがある。この中でもっともコスパが良いのはWiFiになる。使い放題のWiFiは2726円~からある。こちらのWiFiは1、2ヶ月目が2726円、3ヶ月目から24ヶ月目までは3411円、25ヶ月目以降でも4011円となる。3年ごとに別の会社へと変えれば毎月3500円程度の負担にまで抑えられる。

ADSLはWiFiよりも安いプランはある。ただ、速度の点や固定電話が必要である点から、WiFiに比べ、コスパは良くない。また、多くのWiFiなら、インターネット速度もADSLよりは速い。もちろん、地域によっては繋がらない、繋がりにくい場所もある。きちんと、問い合わせたり調べた上でWiFiも契約すべきだ。

また、モバイル用WiFiを持ち運べば、外出先でもインターネット環境を構築できる。携帯電話ではデータ通信の契約をする必要性も無くなるだろう。

 

携帯電話はSMS認証が求められるアプリも多いため、「SMSあり」「通話無し」の格安SIMを契約する。こちらのSIMならSMSありで月額500円程度からある。

楽天での消費がある人は楽天モバイルで良いだろう。

楽天モバイルはSMSありのデータSIMが月額645円から利用できる。電話は無料アプリやIP電話を利用することで、極限にまで抑えられる。

 

電気代は1人あたり毎月3000円以内に抑えるべきだ。意識して利用量を抑えるなど、節約もしなければならない。

基本的に、電気代というのは

1.基本料金

2.1kWhあたりの電気料金

で決まる。加えて、

3.電力会社ごとのサービス

もある。

電力会社はこの会社にすることで得られるサービスを加味した上で、選べば良いだろう。

契約アンペアによっては基本料金だけで1000円以上取られる。5万円生活をしたいなら、基本料金が0円の電力会社へ変更するのは必須になるだろう。

この点でも、期間限定ポイントも消費できる楽天でんきがおすすめである。楽天でんきは基本料金が無料であり、楽天ポイントが貯まるだけでなく、消費にも使える。

 

「基本料金および1kWhあたりの電気料金」や「電気の使用量」は電力会社と家電の変更でも下げられる。ただし、月3000円以下に抑えるとなると、冷房や暖房の節約も必須になるだろう。

夏場や冬場は多少の我慢も必要になる。

 

通信費、電気代は書類やウェブの手続きだけで減らすことができる。まずはインターネット会社、電力会社の変更など、節約しなくとも下げられる部分の変更から行うべきだ。

これらはサービスのクオリティがそのままで料金だけを下げられる。サービスの質がそのままなら、ストレスを感じずに下げれるため、時間がある時にでも申し込みはしておくべきだ。

 

食費:1人あたり1.5万円

食費は1人あたり1.5万円を目標に、多くとも2万円以内に抑える必要がある。1日あたり500円が目安となる。

元々食費がかからない人ならともかく、普段から食費による支出が多い人は1日500円以下に抑えるのは難しいだろう。抑える過程では多くの我慢が求められ、ストレスも貯まるはずだ。

 

価格の安い食材としては

1.米

2.カップラーメン、袋麺、乾燥パスタなどの麺類

といった炭水化物が多い。

これらはネットで注文できる上に、保存が効くという点でも優れている。食事をこういった米や粉物だけで済ませれば食費もかなり抑えることが出来るだろう。

 

米10kgもネットでは3000円程度で購入することが出来る。スーパーで購入するよりも、ネットで購入した方が安い。

1食1合(約150g)で済ますとすれば約66食分である。もちろん、調味料などを入れたりして、味の工夫はした方が良いだろう。味噌汁や納豆など、ご飯にプラスすることで食事と呼べるようなものへ、より近づけることも出来る。

 

カップラーメンも安くネットで買うことが出来る。

こちらはご飯よりも味にバリエーションをもたせられるため飽きない。

 

懸念としては、栄養がかなり偏ってしまう点があげられる。また、炭水化物中心の食事だと、脂肪が付きやすくなる。

予算としては1人1万円を目安とし、炭水化物中心の食事に加え、サプリメントや十分な栄養が取れる食材も取り入れた方が良いだろう。

食費を2万円以下に抑えるのが難しい人は家賃などの固定費を更に抑える必要がある。食費より固定費を抑えた方が生活の難易度は下がる。

 

その他:1人あたり1.2万円

その他には社会保険料(国民年金、国民健康保険)、雑費が含まれる。所得が年間60万円なら税金や国民健康保険料は月3000円から4000円程度になる。

国民年金保険料は2019年5月現在で16410円である。月5万円以内の生活をするなら、この額を負担するのは難しい。従って、国民年金は免除の手続きを行った方が良い。

 

収入が無い人はもちろん、月収5万円以下なら、国民年金は全額もしくは4分の3の免除が可能である。

国民年金全額もしくは4分の3免除

nenkin.go.jp

 

税金、社会保険料以外の雑費としては移動費や日用品・嗜好品(タバコ、お酒)の購入費がある。これらも合計で1万円弱に抑える必要性が生じる。

 

月5万生活で楽しみながら生きられるのか?

月5万生活で楽しみながら生きられるのか?

 

これから月5万円生活を始める人はそれぞれの生活コストを下げていく必要がある。多くの面で制限が生じる結果、 月5万円で楽しみながら生活できる人というのはどちらかと言えば少数になるかと思う。個人的にも、この額では無理だと思っている。

 

家賃や通信費といった固定費は抑えるのも難しくない。なぜなら、契約の変更をするだけで目標金額の達成もできるからだ。月5万円生活も目指す場合、難しいのは固定費以外の費用である。特に食費は抑えるのも難しい人はいるはずだ。

付き合いの多い人が交際費といった費用を抑えるのも難しいだろう。生活水準の高い友人と一緒に行動すれば、様々な部分でコストがかかる。従って、人との付き合いも制限しなければならない。

 

固定費はともかく、こうした変動しやすい費用を抑えるにはある程度の才能も必要になるだろう。

 

 

 

物価の安い国なら月5万円で暮らせるか?

物価の安い国なら月5万円で暮らせるか?

 

生活コストを下げる方法として、物価の安い国に暮らすという手段がある。いわゆる外こもりである。

物価の安い国なら便利な都市部でも月1万円程度の家賃の家はあるし、現地の人はほぼ外食で過ごしても食費を1.5万円以下に抑えている。東南アジアなら冬が無いため、電気代も抑えやすい。

ただ、日本人全員がそういった生活をできるとは限らない。言葉の問題でストレスを感じることもあるし、食事が合わなければ日本より高いお金を払って日本食を食べるのが日常になってしまう。加えて、ビザや航空券代といった新たな費用も生じる。すべての人が外こもりをすることで生活コストを下げれるわけではない。

 

日本で低コスト生活を続ける人、物価の安い国に外こもりする人、どちらが合うかは人それぞれである。1つ言えることとして、海外の方が良い意味でも悪い意味でも刺激の多い生活を送れる。生まれ育った場所とは違った文化もポジティブに捉えられる人もいる。これが「楽しい」と感じる人なら、日本で生活するよりもコスパが良く生活できるはずだ。

 

ある程度の才能が求められる上に、月5万円では様々な意味で保険が無い。これで何十年も暮らしていくのは難しい。しかし、次のステップへ進む過程として、選択肢の1つに用意しておくのは悪くはないと思うのである。

 

月10万円になると、月5万円よりもストレスが少ない生活になる。各種控除を利用しつつ、老後への蓄えも可能になる。

数多くの選択肢が生まれ、楽しく生きれる人も増えるだろう。できるなら月10万円の収入もしくは生活費は確保すべきかと思う。詳しくは下記記事を参考に。