ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

電気料金を本気で下げたい人が知っておくべき知識をまるごと紹介する

電気料金を本気で下げたい人が知っておくべき知識をまるごと紹介する

 

電気料金を下げる方法は大きく分けて

1.基本料金を下げる

2.1kWhあたりの電気料金を下げる

3.電気の使用量を抑える

の3つになる。

「基本料金を下げる」「1kWhあたりの電気料金を下げる」の2つは電力会社や契約プランを見直せば容易に達成できる。楽天での消費がある人はすぐにでもこちらの基本料金0円の電力会社へ変更すべきだ。

電気の使用量を抑えるには「利用を抑える方法」という当たり前の行動以外にも「消費電力の少ない電化製品に変える」「家電の利用環境を整えて、効果を高める」といった方法がある。電化製品の買い替えも、家電によっては早めに行った方がお得になるだろう。

 

この記事では

▶ 基本料金、1kWhあたりの電気料金を下げる方法

▶ 電気の使用量を抑える方法

から

▶ 電気の利用で本当に必要な「最適化」

についてまで詳しく紹介していきたいと思う。

 

 

基本料金、1kWhあたりの電気料金を下げる方法

基本料金、1kWhあたりの電気料金を下げる方法

 

基本料金、1kWhあたりの電気料金を下げたいなら電力会社や契約プラン、地域を見直すしかない。

契約アンペアが大きい家庭は基本料金だけで月1000円以上取られている。従って、楽天でんきループでんきといった基本料金が0円の電力会社へ変更すれば簡単に下げれる。

 

東京電力で従量電灯B・Cを利用した場合、毎月取られる基本料金

東京電力で従量電灯B・Cを利用した場合、毎月必ず取られる基本料金。基本料金は契約A(アンペア)ごとに上がっていく(tepco.co.jp)。

 

電気を殆ど使わない人の方が、基本料金の電気代に対する割合は大きくなる。ただ、基本料金を下げるだけでなく、家族で住んでおり電気使用料が多い人も、電力会社の変更で電気代を下げられる。電力会社の変更を一度もして無い人は今よりも安い電力会社が他に必ずあるだろう。

 

電気料金の計算方法から電力会社の変更で電気料金を下げる方法を詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

また、基本料金、1kWhあたりの電気料金は電力会社だけでなく、地域によっても異なっている。下記表は楽天でんきにおける1kWhあたりの料金を地域ごとにまとめたものになる。

楽天でんきの価格表

楽天でんきの価格表より

 

他の電力会社でも

1.北海道

2.沖縄

3.東北、関東、中部

4.中国、四国

5.九州

6.関西

7.北陸

の順番で電気代は高くなっている。一番高い北海道と一番安い北陸で比べれば約30%の地域差が生じている。同じ使用量でも一方が1万円だった時、他方は7000円といった差が地域間であるのだ。

ただ、電気代を下げるために、住む地域を変えるのは現実的ではない。自営業者でも、支出の割合として電気代より家賃の方を考えなければならないだろう。

従って、電気料金、基本料金を下げたいなら電力会社の変更を重点的に考えるべきだ。

 

2019年4月11日現在、595の電力会社が存在している。

この600近くある電力会社の中でどれがもっともお得になるかは人によって異なる。

楽天での消費がある人なら迷わずこちらの電力会社に契約すれば良いだろう。楽天でんきの料金や特徴的なサービスについて詳しく知りたい人は下記記事を参考に。

 

電気の使用量を抑える方法

電気の使用量を抑える方法

 

電力会社の変更をすれば、今までと同じだけ電気を使っても電気代を抑えられる。お金をかける必要も無い。従って、電気代を下げるに当たり、まず行うべきは電力会社の変更である。

楽天での消費額が多い人は下記の電力会社

>>> 【基本料金0円】楽天ポイントが貯まる使える電力会社【新規入会で楽天ポイント】

 

楽天での消費が少なく、今後も増やすつもりが無い人は下記サイトから適切な電力会社を選択すると良いだろう。

>>> 電気料金比較、最適な電力会社の提案サイト

現在契約している電力会社の電気料金明細書を用意の上、上記ページで必要事項を記入すると、どの電力会社が一番安くなるかの計算をしてくれる。

 

電力会社の変更後、更に電気代を下げるには、電気の使用量を抑える必要性がある。当然、電気の使用量によっても電気代は増えていくからだ。

 

電気の使用量を抑えるには

1.電力消費の少ない家電へ変える

2.家電の利用環境を整えて、効果を高める

3.家電をなるべく使わないようにする

以上の3つの方法がある。

電力消費の少ない家電への変更は早いうちに行うべきだ。省エネ家電への買い替えはお金がかかるものの、ストレスを感じることなく電気代を下げられる。

 

電力消費の少ない家電へ変える

電力消費の少ない家電へ変える

 

電気料金を下げるために家電を買い換える場合、電気料金に占める割合の多い家電から行う必要がある。

経済産業省の調べによると、家庭における消費電力の14.2%が冷蔵庫、13.4%が照明器具になっている。冷蔵庫と照明器具だけで各家庭における電気代の4分の1から3分の1を占めている家庭でいちばん電気を消費するものは?)。

冷蔵庫は常に可動させるのが普通になっているだろう。従って、これを変えるだけでもかなりの電気代節約が可能だ。

家族で住んでいたり、一人暮らしでなければ照明器具やエアコンの消費も多くなる。こちらも電気代見直しの段階で買い替えを検討した方が良いだろう。

 

冷蔵庫を選ぶ際のポイント

消費電力の少ない冷蔵庫

enecho.meti.go.jp

 

2007年に販売された冷蔵庫と2017年に販売された冷蔵庫を比べると、消費電力は半分以下になっている。冷蔵庫は新しいものであればあるほど電力消費も少なくなっているのだ。冷蔵庫は定期的に買い替えた方が総合的な負担コストの点でもお得になるだろう。

 

また、冷蔵庫は当然小さい方が消費電力も少ない。ただ、食品を詰め過ぎれば消費電力が増えてしまう。従って、適切な大きさのものを選ぶ必要があるだろう。長年使っていれば必要な大きさも把握できているはずだ。

使用電力においては省エネラベルも参考になる。

 

照明器具を選ぶ際のポイント

消費電力の少ない照明器具を選ぶ際のポイント

enecho.meti.go.jp

 

照明器具の電気代、ライトの交換に伴うメンテンス費用はLEDにするだけで大きく変わる。経済産業省のデータにもあるように、LEDランプは一般電球に比べて85%も消費電力が少ない。また、LEDランプは寿命も一般電球の40倍となっている。

天井面(ceiling)に直接取り付けるシーリングライトもLEDに変えるだけで電気代、メンテンス費用は当然抑えられるだろう。

 

まだ一般電球を使っている家庭は電気代を見直す機会に全てLEDへの変更を行うべきだ。

 

エアコンを選ぶ際のポイント

消費電力の少ないエアコンを選ぶ際のポイント

enecho.meti.go.jp

 

エアコンの省エネ化は冷蔵庫や照明器具に比べるとここ10年であまり進んでいない。従って、エアコンの買い替えにより抑えられる使用電力もそこまで多くない。

それでもエアコンを選ぶ際のポイントはいくつかある。まず、予算や使用する部屋、使い方を把握した上で、適切なエアコンを選ぶべきだ。例えば、体温や人の位置を把握するセンサーの付いたエアコンなら、部屋全体の気温を変えるエアコンよりも少ない電力消費で快適な気温にできるだろう。

 

他にもエアコンが効きやすい環境を整えるのは消費電力を抑える上でも重要である。家電の利用環境はエアコンの消費電力を抑える上では特に重要な点となる。

 

家電の利用環境を整えて、効果を高める 

家電の利用環境を整えれば、消費電力も抑えられる。特に、エアコンの効果を高める上では重要なポイントになるだろう。経済産業省の「家庭向け省エネ関連情報」ページでも、エアコンの利用環境として

1.冷房をかける際には、窓を開けてこもった熱気を下げる

2.室外機のまわりはきれいにする

3.夏・冬に適切なカーテンを付ける

上記のように整えることで省エネにつながると述べている。

 

家に帰ったら、まず窓を開けて換気をしてからエアコンを付ける。室外機の吹出口近くは広く余裕のあるスペースを確保し、周りには何も置かないようにする。室外機の周りに物を置くと、冷暖房の効果が下がる。

カーテンは窓から入ってくる外気の熱を防いでくれる。冬場も温かい空気を外へ逃さないために重要である。

 

家電をなるべく使わないようにする 

電力会社および家電、家電の利用環境を最適化した後、更に電気代を下げたいなら、意識的に電気を使わないようにする方法しか残っていない。

・テレビや電気はこまめに消す

・極端な気温でなければエアコンを付けない

・長期で家を開ける際には冷蔵庫も空にしてブレーカーを落とす

などの行動が推奨される。

もちろん、一定のストレスや手間が求められる。できる範囲で取り入れれば良いだろう。

 

電気の利用で本当に必要な「最適化」

電気の利用で本当に必要な「最適化」

 

電力会社の変更によって、基本料金や1kWhあたりの電気料金が下げられる。従って、電気代を下げたいなら、電力会社の変更から行うべきだ。電力会社の変更は原則無料でできる。また、我慢や手間は求められず、ストレスが増えることも無い。楽天で消費する人は迷わずこの電力会社で良いだろう。

 

電力会社の変更以外で電気料金を下げたいなら、電気の使用量を抑える必要も出てくる。家電の買い替えや利用環境を整えたり、使用自体を抑えるといったコストや新たな手間が生じる覚悟も必要となるだろう。

しかし、電気代を下げた結果、別の負担が生じたり、節約した費用以上に、生活が不便になれば元も子もない。エアコンを無理に我慢すれば、快適に過ごせなかったり、ぐっすり眠れないこともある。

また、乾燥機付きのドラム式洗濯機にすれば、確かに洗濯機における電気代も増える。だが、干す手間が省ける手間が省ける上に、水道代を抑えられるといったメリットも生じる。

 

電気料金を下げる行為は全て良い結果をもたらすわけではない。下げることだけに固執してパフォーマンスが落ちては節約した費用以上の損失につながるだろう。

電気にかかる費用の最適化は電気代の節約だけでなく、生活全体におけるコストパフォーマンスを見た上で考えるべきだ。