国民年金保険料はクレジットカード(もしくはデビットカード)で支払うべき理由

国民年金

 

国民年金保険料の支払方法は

・口座振替(銀行口座からの引き落とし)
・納付書による現金納付(コンビニなどでも支払可)
・クレジットカード(もしくはデビットカード)納付

がある。

この中でもっともお得なのはクレジットカード(もしくはデビットカード)による納付である。

確かに、納付金額は口座振替の方が安くなっている。しかし、クレジットカード払いで得られる還元を考慮すれば、クレジットカードの方がお得になる。

国民年金は1年で20万円程度になる。少しでもお得に支払いたいなら、クレジットカードもしくはデビットカードで支払うべきだ。

 

この記事では

▶ 国民年金保険料をもっともお得に支払う方法

についてnanacoやKyashといったお得とされている決済方法を含め紹介するとともに

▶ 前納の利用方法
▶ 国民年金保険料の支払における注意点

まで詳しく述べていきたいと思う。

 

国民年金保険料をもっともお得に支払う方法

国民年金保険料をもっともお得に支払う方法

 

国民年金保険料は毎年上がっており、2020年の国民年金保険料は1万6510円になる。

国民年金は「口座振替」「納付書による現金納付」「クレジットカード」いずれの支払方法でも6ヶ月、1年、2年の前納が利用できる。口座振替では1ヶ月早い当月末振替(早割)により50円の割引を受けられる。当月末振替(早割)は現金とクレジットカード払いでは利用できない。

口座振替、納付書による現金納付、クレジットカードで2020年9月以降に6ヶ月、1年、2年の前納をした場合、下記のような料金になる。

 

2年前納 1年前納 6カ月前納
口座振替 381,960円
(15,840円割引)
194,320円
(4,160円割引)
98,110円
(1,130円割引)
現金納付 383,210円
(14,590円割引)
194,960円
(3,520円割引)
98,430円
(810円割引)
クレジットカード納付 383,210円
(14,590円割引)
194,960円
(3,520円割引)
98,430円
(810円割引)

2020年9月1日時点の納付額(国民年金保険料に関する手続き|日本年金機構より)

 

上記のように口座振替がもっとも金額は安くなる。しかし、クレジットカード払いなら、カード会社のポイントも付く。1%還元のクレジットカードなら、2年納付で3832ポイントが付く。2年前納の実質的な割引額は

14590円+3832=18422円

となり、口座振替(15840円)よりも約2600円お得になる。

1%還元を受けれるクレジットカードでの支払は、1ヶ月ずつの継続的な支払、6ヶ月、1年、2年前納いずれでももっともお得な支払方法となる。

 

デビットカードによる支払も可能である。ただし、一部のデビットカードでは対応していない(楽天銀行デビットカードでは支払ができる)。楽天銀行デビットカードは審査無しでも作成できる。したがって、クレジットカードの審査に通らない人でも作成できる。

楽天銀行デビットカードの利点を最大化するおすすめの使い方を紹介します
楽天銀行デビットカードは審査無しで作成できる上、還元率が1%となっている。年会費無料、無条件で1%還元を受けられる銀行系のデビットカードは楽天銀行デビットカードしかない。大手都市銀行は三菱UFJ銀行の「三菱UFJデビット」が0.2%還元、三

楽天銀行以外で、1%以上の還元を受けれるデビットカードを知りたい人は下記記事を参考に。

還元率の高いデビットカードから、最強に賢い使い方までまとめて紹介していく
 高還元を受けれるデビットカードとしては楽天銀行デビットカードがある。楽天銀行デビットカードは無条件で1%の還元を受けれる。他にもGMOあおぞらネット銀行やソニー銀行は条件付きで1%以上の高額還元が可能になっている。また、これらの「基礎還元

 

国民年金はnanacoによる支払でお得になるか?

税金や公共料金の支払としてnanacoが使える。また、nanacoにチャージしたクレジットカードのポイントは貯められる(nanacoによる支払ではポイントが付与されない)。したがって、nanacoでの税金、公共料金支払は間接的にnanacoを貯める手段にできる。nanacoのクレジットチャージは200円につき1nanacoポイントが貯まる。還元率で言うと、05%還元になる。

しかし、国民年金の場合、nanacoでの支払は現金納付による1ヶ月分、6ヶ月分の支払しかできない。1年、2年と前納の期間を長くすればするほど割引額も増えるため、nanacoによる支払ではもっともお得とは言えない。くわえて、nanacoへは現金で4.9万円、クレジットカードで5万円までしかチャージできない。センター預かり分を何度か反映させれば、10万円以上にはできるものの、非常に面倒である。

 

nanacoによる支払の還元率は0.5%。また、1年前納、2年前納はできない。6ヶ月分の支払は2回チャージする必要があるためクレジットカード(デビットカード)の方が良いだろう。

ちなみに、コンビニでの現金納付は30万円以下になっている。納付書による現金納付は国民年金保険料に限らず、税金も30万円以上は金融機関での支払いになる。いずれにせよ40万円弱がかかる2年前納ではnanacoを使えない。

 

WAONによる支払でオトクになるか?

nanacoと同様に、WAONでも国民年金保険料や税金を支払える。利用限度額も5万円とnanacoの性質とほとんど違いはない。

WAONもクレジットカードもしくはデビットカード(イオン銀行キャッシュ+デビット)でチャージする時にポイントが貯まる。WAONへのチャージがデビットカード(イオン銀行キャッシュ+デビット)で行える点で、クレジットカードを作成できない人、イオン銀行利用者にはnanacoよりも使いやすいだろう。 

 

ただし、WAONのコンビニ払いに対応しているのはミニストップだけでになる(2020年10月現在)。ミニストップまで訪れるのが少々面倒かもしれない。また、nanacoと同様に、6ヶ月、1年、2年の前納には利用できない。

 

Kyashによる支払は可能か?

クレジットカードおよびデビットカードが利用できれば、多くのケースでKyashによる支払もできる。Kyashによる支払を通せば2%還元以上も受けられる。

新しく発行される「Kyash Card」を使うべきか?
 プリペイドカードkyashが2020年初め、新しく「Kyash Card」を発行する。Kyash Cardの還元率は1%、リアルでのVisaタッチ決済が可能になる。今まで発行していたリアルカードはKyash Card Liteになり、4月

 

しかし、Kyashにも利用限度額や入金、還元額の制限がある。

<Kyash Card>

1回あたりの決済限度額 30万円
– 1ヶ月あたりの決済限度額 100万円

– 1回あたりの入金申請は30万円が上限です
– 24時間以内の入金申請は30万円が上限です
– 入金申請から24時間経過後、再度入金申請ができます

月あたりの還元対象決済上限は 12万円

https://kyash.co/kyashcardより

1回あたりの決済限度額がもっとも大きい「Kyash Card」でも30万円までとなっている。つまり、2年前納が不可となる。また、月あたりの還元対象決済上限は12万円になっている。

「Kyash Card Lite」および「Kyash Card Virtual」は更に利用限度額が少ないため1年、2年の前納には利用できない。

 

2年前納と1年前納では割引額で8000円弱の差がある。「Kyash Card」で支払うために1年前納までに制限されてしまうとお得感が無くなってしまう。

 

前納の利用方法

前納の利用方法

 

国民年金保険料の納付書は確定申告で記載した住所へ毎年届く。納付書による納付ではコンビニなどで支払う現金納付のみであり、1ヶ月分の納付書および6ヶ月、1年分の前納納付書しか同封されていない。

 

・口座振替(銀行口座からの引き落とし)
・クレジットカードによる支払
・納付書による2年前納

を希望する場合、年金事務所へ出向いて申込用紙を提出するか、年金事務所に電話して申込用紙に記載して郵送しなければならない。

https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

全国の年金事務所

 

一度申し込みをすれば、翌年からは勝手に同じ手続きで進めてくれる。割引を受けるために、早めに手続を行うべきだ。

 

クレジットカード(デビットカード)による国民年金保険料の支払における注意点

クレジットカード(デビットカード)による国民年金保険料の支払における注意点

 

クレジットカードによる国民年金保険料の支払で気をつけなければならないのは請求時に

・ショッピング利用可能枠が残っているか?

という点だろう。2年分の支払では40万円弱になるため、請求がかかる前に一度利用可能額の確認はした方が良い。

 

デビットカードによる支払では

・引き落とし口座に前納分の金額があるか?
・利用限度額が前納額以上になっているか?

以上の2点に気をつけなければならない。

特に、後者の利用限度額はもう一度確認すべきだ。デビットカードでは不正利用に対する補償に制限があるため、初期には1回(1日)の限度額が低く設定されている。この1回(1日)の利用限度額が前納額以下では口座にお金があっても支払ができなくなる。

 

クレジットカードおよびデビットカードで何らかの理由により支払ができないと、前納の申し込みをしていても、その月は納付書による現金納付をしなければならない。翌月以降は1ヶ月ごとのクレジットカードによる支払へ自動的に切り替わる。1年、2年前納であれば翌年、6ヶ月納付であれば6ヶ月後に再び、指定した前納額でクレジットカードによる支払がなされる。

期限までの支払方法として、納付書による現金納付の選択肢しかないなら、nanacoやWAONも選択肢に入れても良いだろう。ただ、割引額および還元率と自動的に行ってくれる支払の利便性で見ると、クレジットカード、デビットカードによる支払がもっともおすすめである。クレジットカードの審査に通らない人でも、楽天銀行デビットカードは用意しておくべきだ。

楽天銀行デビットカードの利点を最大化するおすすめの使い方を紹介します
楽天銀行デビットカードは審査無しで作成できる上、還元率が1%となっている。年会費無料、無条件で1%還元を受けられる銀行系のデビットカードは楽天銀行デビットカードしかない。大手都市銀行は三菱UFJ銀行の「三菱UFJデビット」が0.2%還元、三
タイトルとURLをコピーしました