ノーマネー・ノーライフ

貯金、節約でお金を作る方法や充実した生活を送るために知っておきたい知識を紹介するブログ

光回線におけるフレッツ光(NTT)からの乗り換え手続きや工事の流れについて詳しく説明していく

光回線における工事

construct-ed.com

 

フレッツ光(NTT)から他の回線事業者へ住所の変わる引っ越し時に乗り換える場合、必ず工事といった手続きが必要になる。

 

一方で、フレッツ光から光回線を住所そのままで乗り換える場合、

ソフトバンク光:フレッツ光の回線をそのまま使うので、電話一本で乗り換えが可能(月々の料金が下がる上、キャッシュバックを受ける事も出来る)

auひかり:フレッツ光の回線をそのまま使うが、宅内工事が必要

NURO(ニューロ)光:フレッツ光の回線は使わないので、宅内工事と屋外工事(それぞれ別日程)が必要

と乗り換え先によって異なる。

 

ソフトバンクとauは携帯とセットにすることによる割引もあるし、手続き的にもそこまで面倒ではない。NURO光への乗り換えは少々面倒であるが、回線のスピードが速く、キャッシュバックや割引も充実しているので利用可能エリアであれば検討しても良いかと思う。

 

下記では

▶ フレッツ光(NTT)から他社光回線への乗り換えで行われる手続きや工事について

の概要から、

▶ ソフトバンク光、auひかり、NURO光への乗り換え手続きと工事

についてより詳細に紹介していきたいと思う。

 

 

フレッツ光(NTT)から他社光回線への乗り換えで行われる手続きや工事について

インターネット・ケーブル

 

インターネットはADSL回線と光回線が主流である。現在は光回線の値段も安くなっているので、速度や快適性を重視して光回線を選ぶ人が多いだろう。

 

ADSLから光回線に乗り換える場合は工事が必要になる。加えて、同じ光回線を通していても、回線事業者を変える場合は工事が必要になることもある。

ソフトバンク光、auひかりの場合はNTTの光回線を使っており、フレッツ光からの乗り換えなら配線をそのまま使用する事が出来る。ただ、NURO光はNTTとは違った光回線「ダーククファイバー」を使っており、フレッツ光からの乗り換えは回線工事が2回必要となる。

 

ソフトバンク光への乗り換え手続き

ソフトバンク光月額料金

www.softbank.jp

 

フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えは

▶ 1.NTT東もしくはNTT西へと連絡して転用承諾番号を用意

▶ 2.ソフトバンク光に申し込み(この際転用承諾番号を伝える)

▶ 3.プロバイダの解約(Yahoo!BB以外の場合)

この3ステップだけで完了する。フレッツ光で使っている機器の返却等は不要だ。

 

転用番号を取得し、ソフトバンク光に申し込むだけで、フレッツ光を自動的に解約することが出来る。プロバイダについては、「Yahoo!BB」を利用している場合はソフトバンク光へ引き継ぐことが出来るので、解約の手続きは不要である。しかし、Yahoo!BB以外なら、プロバイダの解約は別途しなければならない。また、「フレッツ光ネクスト」以外のフレッツ光を利用しているなら別途工事が必要となる。

 

上記にあてはまらない場合でフレッツ光からの乗り換えならば工事を必要としない。従って、基本的に電話一本でSoftBank光へ乗り換えをする事が出来る。

面倒な手間が殆ど無く、月々の基本料金も安くなるので、フレッツ光を利用している人はソフトバンク光への乗り換えも積極的に検討すべきだろう。

 

ソフトバンク光への乗り換え正規販売店サイト

ソフトバンク光への乗り換え正規販売店サイト

 

以上のように、単にフレッツ光からソフトバンク光へ乗り換える場合は工事なども必要がなく、手続き上も簡単である。

 

また、フレッツ光からソフトバンク光へ正規販売店サイトを通して乗り換えると

▶ プロバイダ料金込で月々の費用を2800円~(毎月1000円割引)

もしくは

▶ 24000円のキャッシュバック

といった金銭的なメリットを得ることが出来る。ただし、プロバイダがYahoo!BBだと、キャッシュバックの額が少なくなったり、キャッシュバック自体を受けられなくなるケースもある。

それでもソフトバンク光なら毎月プロバイダ料金込で4000円以下である。年間1.2万円以上安くなるのだ。

 

加えて、通常インターネットを契約更新月以外で解約すると、違約金を払わなければならない。工事費用を分割払いしているのが普通なので、解約時に残りの費用を一括請求される場合もある。つまり、更新月でなく、かつ工事費用の分割払いが終わっていなければ、違約金と残りの工事費用を支払う必要性が出てくるのだ。

しかし、こうした費用を含めても、月額料金は下がるし、キャッシュバックを受ける事も出来るので総合的にお得になる。また、ソフトバンク光への乗り換えなら、違約金等を負担してくれる正規販売店サイトもある。

 

>>> 【公式から申し込むよりも断然お得!】ソフトバンク光のお得な正規販売店サイト

 

2年縛りでインターネットを契約している人も多いので、解約時こういった違約金が発生する人も多い。キャッシュバックと違約金の額は代理店の担当者にきちんと確認し、お得であることを確認してから乗り換えを決めれば良いだろう。

少しでも得をしたいなら、正規販売店を利用し、ソフトバンクへ乗り換えるのが正解だとわかるはずだ。

 

ソフトバンクは携帯や電気とのセット割引もある。ソフトバンク携帯やソフトバンクでんきを契約する予定の人も早めに乗り換えた方が良いだろう。

ソフトバンク光だけでなく、携帯や電気等他のサービスもソフトバンクへの乗り換えを検討している人は損しないために下記記事も必読である。

 

auひかりへの乗り換え手続きと工事

auひかりのCM f:id:asiaasia:20160922145216p:plain

www.youtube.com

 

フレッツ光からauひかりへの乗り換えは

▶ 1.auひかりに申し込む

▶ 2.NTT東もしくはNTT西へと連絡して解約

▶ 3.プロバイダの解約

この3ステップになる。フレッツ光で使っている機器の返却等は不要である。

 

フレッツ光はプロバイダと回線事業者(フレッツ光の場合はNTT東もしくは西)が別契約となっている。従って、フレッツ光の解約とは別に、プロバイダにも解約の連絡を入れる必要がある。

 

auひかりへの申し込み後のスケジュールは下記のようになる。

f:id:asiaasia:20160903195459p:plain

http://www.au.kddi.com

 

auひかりは宅内工事を予約する必要があり、インターネット開通までは

 

auひかりにお申し込み

宅内機器のお届け

工事への立会い・宅内機器とパソコンの接続設定

の流れとなる。

 

申し込みからインターネットが使えるようになるまでの期間は一軒屋なら1ヶ月程度、マンション・アパートなら2週間程度は見ておいた方が良い。

インターネットを使用できない期間を作りたくなければ、解約の日もきちんと調整した方が良いだろう。

 

光回線の工事

auひかりはNTTの光回線を使っており、配線をそのまま使用する事が出来る。宅内工事と言われているものも、光回線終端装置(ONU)にauひかり用のコネクタを付けるだけで終わる。 f:id:asiaasia:20160104083904j:plain

光回線終端装置(ONU)

 

auひかりは光回線終端装置(ONU)に加えて、ホームゲートウェイという機器も必要になる。ホームゲートウェイは認証の役割を持っており、機器の設定は必要ないがONUとPCの間で必ず経由させる必要がある。もちろん、ホームゲートウェイを経由させても速度はフレッツ光と変わらない。

f:id:asiaasia:20160903194122g:plain

上記のような図になる(http://qa.nifty.comより)。

 

また、auひかりはプロバイダが下記の7つしか指定できない

・au one net

・So-net

・@nifty

・BIGLOBE

・@T COM (アットティーコム)

・ASAHIネット

・DTI

ただ、プロバイダ毎のサービスでそこまで大きな違いはない。この辺は気にする必要も無いだろう。

 

auひかりへの乗り換えでおすすめの正規販売店サイト

マンションタイプは月額プロバイダ料金込で2550円~しかも、auのスマートフォンとauひかり(+電話サービス)をセットで利用すれば、スマートフォンの利用料金が2000円も割引となる。

更に、シェアを広げている段階なので、正規販売店からの申し込みで戸建タイプが最大6万円、マンションタイプが最大3万円のキャッシュバックを受けることが出来る( auひかり回線+指定プロバイダー+即日申込完了が条件)。

他にも、乗り換えに伴う解約金やインターネット工事費用が無料になったり、合計12万円以上の還元を受けることが可能だ。

auひかりのキャッシュバックキャンペーン

 

この代理店を使ってauひかりに乗り換えれば、インターネットの引っ越しでプラスに出来る人が殆どになるだろう。

 

>>> 【公式から申し込むよりも断然お得!】auひかりの正規販売店サイト

 

少々の手間はあるが、キャッシュバックを受けるために、乗り換えは積極的に検討すべきだ。

 

NURO光への乗り換え手続きと工事

f:id:asiaasia:20180109201614j:plain

youtube.com

 

フレッツ光からNURO光への乗り換えは

1.NURO光に申し込む

2.NTT東もしくはNTT西へと連絡して解約

3.プロバイダの解約

4.フレッツ光の機器返却

この4ステップになる。

ソフトバンク光やauひかりとは異なり、機器の返却を必要とする。返却方法はフレッツ光に連絡した際指示されるが、着払いで指定した住所に送る形になる。

 

光回線の工事

NURO光はフレッツ光の回線を使用せず「ダーククファイバー」と呼ばれる光回線を使用している。ダークファイバーはNTTの敷設した光回線のうち、NTTに利用されていない回線を指す。このダークファイバーのおかげでインターネットの速度が上がるが、回線工事は一から必要となる。

 

NURO光の開通工事は「宅内工事」と「屋外工事」を別の日に2回に分けて行われる。ともに立会が必要となる(家にいる必要がある)ので、少々面倒な部分もあるかと思う。

NURO光の光回線工事

nuro.jp

 

申込みをする際に、宅内工事日の予約を行う。宅内工事が行われた後、10日程度で屋外工事が行われる。2回の工事が終わった後、インターネットの利用が可能となる。

 

また、NURO光の宅内工事の際、外壁にビス留めを行うのだが、3つの穴を外壁に開ける事になる。そのため念の為に大家さんか管理会社へ穴を開けることの許可を貰わなければならない。穴の大きさは約4mmであり、解約後の撤去工事時には穴埋めが行われる。穴を開けると言うと、心配する大家さんもいるが、きちんと伝えれば問題無く許可してくれるだろう。

 

NURO光への乗り換え正規販売店サイト

NURO光はSo-netによる新しいプロバイダ、回線事業者である。プロバイダと回線事業者が一緒になっているので、別々に契約しなくとも良い。

正規販売店サイトからの申し込みもインターネットの乗り換えだけで1万円、ひかり電話や指定オプションを一緒に申し込めば4万円までキャッシュバックを受ける事が出来る。

f:id:asiaasia:20160924193830p:plain

8万円のキャッシュバックを受けるには、4名の紹介者(他の人も一緒にインターネットの引っ越し)が必要になる。 

 

NURO光G2Vのプランだと、フレッツ光やauひかりよりも少々上がる月4743円。これに工事費が30ヶ月分割で請求されるため月6000円程度となる。

インターネット 乗り換え f:id:asiaasia:20150604194324j:plain

 

他にも、契約事務手数料3000円が初月に請求される。かかる料金について詳しくは下記ページも参考に。

光回線のインターネット料金プラン | NURO 光

 

ただ、ソフトバンク携帯を持っている人は割引を受けることが出来る。

NURO光・おうち割・光セット

おうち割・光セット(2018年1月18日からは永年1000円の割引となる)

 

もちろん、ソフトバンクでない人にも十分オススメ出来るので、キャッシュバックキャンペーンや速度に魅力を感じている人は検討してみると良いだろう。

 

>>> 【公式から申し込むよりも断然お得!】NURO光の正規販売店サイト

 

光回線の乗り換えまとめと住居を引っ越す場合どうすべきか?

f:id:asiaasia:20160913030256j:plain

 

以上のように、単にフレッツ光から他の光回線へ乗り換える場合はソフトバンク光が手続き上も簡単である。ホームゲートウェイの設定やプロバイダの契約が別途必要になるが、次点でauひかりだろう。

 

フレッツ光に限らず同じ回線事業者、プロバイダを長い間使っている場合は違約金が無い、もしくは少ないので、キャッシュバック額の方が大きくなる。要は、光回線を乗り換えるだけで現金が貰えるのだ。

詳しくは下記記事を参考に。

 

住所が変わる引っ越しとなると、NURO光はもちろん、ソフトバンク光でもauひかりでも工事が必要になる。光回線終端装置(ONU)を設置し直す等の手続きも行わなければならない。

加えて、契約を継続させれば、「工事費用」もかかってくる。従って、住所が変わる引っ越しの場合は一度解約した方が良いだろう。

新規契約なら工事費用は初期に負担する必要も無くなるし、キャンペーンという形でキャッシュバックを受ける事も出来る。解約は費用がマイナスになるどころかプラスにすることも出来るのだ。

 

月々のネット料金を下げたい人はもちろん、キャッシュバックとして現金を手に入れたい人は現在のネット料金を確認した上で申し込みの検討をすべきだ。

 

インターネットの引越しでかかる費用について具体的に知りたい人は下記記事を参考に。